久しぶりのブルースセッションバー

新着音楽情報

何年ぶりだろう?

多分2年半ぶりくらいにセッションバーに顔を出してみました。
以前東京に住んでいた頃は都内や横浜にたくさんセッションできる場所があったので毎週のようにいろんなとこに顔を出して腕を磨いていました。

引越してからは近所にそういった場所もなく、忙しさに追われてセッションに行く余裕もありませんでした。
色々やらなくてはならない事も少し落ち着いたので、楽器屋の店員から聞いて少し興味のあった大阪のHowlin’ Barというところに20:00頃に到着。

イメージしていたよりは少し広めの店内にはもちろんブルースがBGMに流れ、内装もいかにもブルースバーといったいい感じ。
しかしさすが平日。
まだお客さん0・・・

15分くらいたってからお客さんがちらほらやってきました。
30分くらいたった頃には人も集まりスタート。

定番の3コード、ひさびさの感覚でした。
始まってしばらくして気付いたのですが、ブルースセッションのできるバーとそこに集まる人々はどこに行っても面白いほど雰囲気が似ているんです。
ブルースという音楽のせいでしょうか、少し退廃的というかなんというかいい感じの力の抜けた感じが共通しているんでしょうか。

集まる人の演奏レベルもまちまちですが、皆さん楽しそうに演奏していて音楽の醍醐味は他人と一緒にやることだと改めて感じさせられました。
しかし、久しぶりセッションするとかなり感覚も忘れているものですね、これからたまには足を運ばなくてはいけませんね。

関連記事一覧