漢のエフェクターーーー!!!

機材レビュー

ギタリストのブログやホームページを見るとよく機材紹介のコーナーがありますよね。
使っているギターの紹介やエフェクター、自宅の録音環境など。
あれってかなりの確率で自己満足ですよね。
そりゃトップギタリストなら、ファンが使用機材に興味を持つ事も分かりますがアマチュアやそれほど上手い訳でもないギタリストとか・・・
誰が見るんでしょう?
などと毒舌をはきつつもそういったギタリストを否定している訳ではありません。
ギタリストたる者、自己中OK、自己満足万歳なのです。
そのくらいの気持ちを持っていないといいギタリストになんかなれません。
という訳で
僕も使用機材の一部を紹介したいと思います・・・w
「エフェクタボードの中身大公開!!」
なんて見出しを付けたいのですが、普段メインで使っているのはこれだけです。
$ギター弾きによるギター弾きのためのブログ-001
右)ワウペダル
fulltone CLYDE Standard-wah
左)オーバードライブ
AYA tokyo japan drivesta
まずは右のワウペダルから
fulltoneのCLYDE Standard-wahというモデル
このペダルはいいです!!
まず音痩せがほとんどない。
普通のワウペダルの良くない点は繋いだだけで音痩せが激しいのですが、このペダルはトゥルーバイパスが採用されている事もありスイッチをoffにしている時の音痩せが格段に解消されています。
また、肝心のワウの音質自体も太いギターの音を残しつつ程よくかかってくれるのでかなり使いやすいです。
値段は約40,000!!と高いですがそれだけの価値があると思います。
ワウの使用頻度が高かったりエフェクタボードに組み込まれているという方は試す価値ありです。
$ギター弾きによるギター弾きのためのブログ-003
で、あまり知っている人はいないと思われるのが左のオーバードライブ
AYA tokyo japan drivesta
今までこれを使用しているギタリストには出くわした事が無いです。
$ギター弾きによるギター弾きのためのブログ-002
でもこのオーバードライブはほんとにいいです!!
JCで使ってもスタックアンプみたいな音になるし、何しろ音抜けが良い。
ギターの原音の芯をそのままかそれ以上に残してはりのある音にしてくれます。
Landgraffが流行らせた3スイッチのシステムが採用されているうえ、本体右側についているスイッチは下からゲイン、ベース、ミドル、トレブル、マスターとなんと5つのつまみがついています。
そのおかげで細かい音作りができてしまいます。
本当にかゆいところに手の届くオーバードライブです。
シングル、ハムどちらにも相性抜群です。
個人的にはLandgraffよりも好きです。
普段のセッションやジャムバンドでのライブにはギターケースのポケットにこの二つのエフェクターを持っていくだけで十分対応できています。
必要最小限の機材がギター本来の音を表現する手段なのです。
まぁ、一番重要なエフェクターはギタリストの「手」ですけどね。
同じ機材でも二人のギタリストが使えば、全く別の音が出ます。
そこがギターの面白いところなんだよな~~~。
という訳で、自己満足終了です。
お付き合いいただきありがとうございました。
<<<<PR>>>>
月々3,900円からスタートできるスカイプギターレッスン!
初心者から上級者まで、本格的なギターレッスンが自宅でOK!
もうギター教室に通う必要はありません、あなたのいる場所がギター教室です。
経験豊富な講師陣のサポートでギターを始めましょう!!
まずは無料体験レッスンから!!
お申し込みはこちら!!

関連記事一覧