Nothing But The Funk at ビルボード大阪

ライブレポート

2011/10/10 21:00
ステージに7人のミュージシャンが登場し、演奏が始まる。

1曲目はこれでもかというくらい重くてファンキーなリズム。
一気にテンションが上がります。

メンバーは
沼澤 尚 / Takashi Numazawa(Drums)
森 俊之 / Toshiyuki Mori(Keyboards)
レイモンド・マッキンリー / Raymond McKinley(Bass)
エディ・M / Eddie M(Saxophone/Vocals)
マーヴィン・トンプソン / Marvin Thompson(Trombone)
カール・ペラッゾ / Karl Perazzo(Percussions)
ティム・ステュワート / Tim Stewart(Guitar)

ビルボード大阪の紹介文

【ナッシング・バット・ザ・ファンク/Nothing But The Funk】
“13キャッツ”の主要メンバーからなるユニット“ナッシング・バット・ザ・ファンク”が再結成!
重厚なドラムスを聴かせる沼澤尚、キーボードの森俊之、そしてベースのレイモンド・マッキンリーを含め名うてのミュージシャン6人から成るこのユニット。日米フュージョン界のトップ・ミュージシャンが集まったまさに“ドリーム・チーム”。

これだけの実力派ミュージシャンがそろい、バンド名が「Nothing But The Funk」とくれば盛り上がらないはずはないですね。
すばらしい演奏を聞かしてくれる事は始めから分かっているので、どれだけのサプライズや期待値を超える感動があるかが楽しみなライブ。

ジャムセッションの定番曲を挟みながら、ハイテンションな演奏を繰り広げてくれます。
それぞれのソロでも、高い技術だけでなく観客を沸かせるプレイが続出して純粋に楽しめます。
また、フロントをつとめているSaxのエディ・Mは客席を回ったり、コール・アンド・レスポンスを挟んだり、とにかく会場を盛り上げる為に奮闘していました。

一流と言われるミュージシャンのライブを見ていて思う事は

「一流のミュージシャンは、一流のエンターテイナーである」

という事です。
演奏に細心の注意を払う事はもちろん、会場にいるお客さんの事や空気にも細心の注意を払っています。
プロの音楽家は、自分の音楽を必要としてくれる誰かの為に演奏して初めてプロなのです。

他人の事は気にせず、自分のやりたい事を自分の思うがままにやって人気のあるミュージシャンもいるかもしれません(筆者の知っている中にはいませんが・・・)。

他人の事は気にせず、自分のやりたい事を自分の思うがままにやって人気のないミュージシャンはよく見かけます。

もちろん、すべての一流ミュージシャンが観客を煽ったりする訳ではなく、、、それはあくまでも一つの手段であり、演奏や演出だけで観客を感動させるミュージシャンも大勢います。
「エンターテイナー」にも色んなパターンがありますが、観客を楽しませる、感動させるという目的は同じなのだと思います。

話がそれまくりました。。。
ライブの感想としてはエディ・Mのサックスやばい!!
カール・ペラッゾ のパーカッションソロが素晴らしかった!!
森俊行のオルガンソロが凄まじかった!!です。

やっぱり打楽器ってお腹の底からグルーヴを感じさせてくれるし、人類の持っている本能に訴えかけてくるような興奮をおぼえます。
そんな打楽器と同じような興奮を森俊行さんもオルガンソロで味合わせてくれました。
森さんのソロは何度か生で見ていて毎回素晴らしいのですが、今回はとてつもなく素晴らしかったです。
フレーズがかっこいい事はもちろんなのですが、DJがフロアを盛り上げていると思わせるような音の波があるし、これもお腹の底から感じさせるグルーヴでした。
沼沢さんのドラムももちろんすばらしく、他の楽器とのリズムの間を楽しむようなアプローチも聞いていて面白いですね(今回は上手くかみ合っていないのかな?って部分もありましたが・・・)。

一流の演奏を生で聞くと学ぶ事も多いので、ギタリストの皆さんはできるだけ多くの一流ミュージシャンの演奏を生で見ましょう。
ギターが上手くなる為にはギターの練習だけでは十分ではありません。
いろいろな事を見て、聞いて、感じましょう。
懐の深さってほんとうに重要ですからね。

free_lesson_form

関連記事一覧