KNAGGS GUITARS ナッグス・ギターズ試奏レポート

ギタリスト機材レビュー

KNAGGS GUITARSというニューブランドのギターを試奏してきました

Knaggs Guitars(ナッグス・ギター)は2009年、元Paul Reed Smith (PRS) プライベート・ストック責任者の経歴を持つジョー・ナッグス氏と、ブランディング/マーケティングの専門家ピーター・ウルフ氏の2人を中心として設立されました。
使用される木材や素材を厳選し、経験豊富なシニアギタービルダーのチームが「最高級の楽器を作り、プレイヤーとギター愛好家を満足させる最良のツールを提供するために」業界最高水準の技術を惜しみなく用いて組み上げています。

Knaggs Guitarsのサイトより抜粋

元Paul Reed Smithのビルダーが作るギターと言うことだけあり、作りのしっかりしたいわゆる「ハイエンドギター」の音がしていました。
音の粒立ちや抜けももちろん素晴らしく、ピッキングのニュアンスも忠実に表現してくれます。またギター自体が持つ「パワー感」も十分にありアタック感や音圧がしっかり出るので、ギターを持ち替えただけで上手く聞こえます。(しかし、弾き手の表現をそのまま再現してくれるので演奏者の善し悪しも忠実に再現されます)

今回弾いたモデルはKenai Tier-2というモデルなのですが、そのシェイプはレスポールとストラトを合わせた独特なものになっています。
低音の鳴りを十分に確保しつつアンサンブルを邪魔するような帯域も出過ぎず、高音は耳を刺激することなくしっかりと主張するまさにハイエンドギターの音がしていました。

今日は時間の都合上Kenai Tier-2(398,000円)のみの試奏でしたが、上位機種も展示されていたので次回はそちらも試してみたいと思います。

KNAGGS GUITARSは(株)石橋楽器店さんが輸入代理店をされているそうで、現在は渋谷梅田の2店舗でのみの取り扱いとのことです。
まだ立ち上げられたばかりのブランドですが、今後の展開がとても楽しみなブランドです。機会があれば是非ご自身の耳で確かめてみて下さい

う〜ん、ギターが欲しくなる!!

free_lesson_form

関連記事一覧