iPadアプリ:MagicReader 手を使わずに楽譜がめくれる!

音楽系アプリ情報

話題のiPadアプリ、MagicReaderを使ってみました。

MagicReaderとは?

MagicReader(マジック・リーダー)はタッチフリー電子書籍リーダーです。画面を一切触らずに、顔を左右に振るという動作で、指の代わりにページをめくる事ができます。
・食べながら本を読んだり
・料理をしながらレシピを見たり
・楽器を演奏しながら楽譜をめくったり
・赤ちゃんを抱っこしながら読書をしたり
・資料を見ながら両手でキーボード入力をしたり
・ネイルが長くてタッチパネルが苦手な女性や
・手を怪我していたり、手が使えない人など
様々なシチュエーションでの活用、そして多くの人達の生活を変える事のできる魔法の電子書籍です。

凄いアプリですね。この説明で一番惹かれた部分が

楽器を演奏しながら楽譜をめくったり

の部分です。ギタリストを始め、ミュージシャンにとっては夢のようなアプリですね。
ピアノのコンサートなんかでは演奏者の横に譜面をめくる役割の人がいたりするくらい、ページ送りは大きな問題でした。

ギターの練習に使った感想

  • 本当に顔を振るだけでページがめくれて感動!!
  • ちょっとしたコツが必要
  • なんか首が痛い...
  • たまに逆にページがめくられてイラッとする
  • 正しくめくるにはコツがいる
  • ポジションチェンジのために左手を見て楽譜に目を戻すと、ページがめくられている...
  • なんだかんだ言ってもこれはいい!!

今後様々な場面で演奏中にこのアプリを使う人が増えるでしょう。
もし同じバンドの中で複数の人がこのアプリを使っていると、同じタイミングで顔を振っていたり…。かなり不気味な状況ですね。
オーケストラでこのアプリが導入されたらかなりおもしろい事になりそう。観客も笑いをこらえるのに必死で演奏に集中できないでしょう。
ステージで使う事は考えない方が良さそうですね。(ステージに立つ時は暗譜することが基本!)

演奏中は手もとを見たり、リズムに合わせて身体を動かすなどこのアプリにはかなり不利な条件が揃っています。
しかし、開発者さんも意欲的にアプリの精度を上げていこうとしているようなので今後に期待したいです。

詳しい使い方はappbankさんの記事に掲載されています。

筆者は普段、楽譜のデータなどはDropboxなどのオンラインストレージで保管しているのですが、MagicReaderとの連携もスムーズで本当に使いやすかったです。
今後ヘビーユーズしそうです。

関連記事一覧