未来のギターはこうなるのか? iPhoneとiPadがウクレレに「Futulele」

音楽系アプリ情報

iPadをボディーに、iPhoneをネックにしてウクレレ演奏が楽しめるアプリ「Futulele」
futulele
写真の女性が手にしているのが「Futulele」です。
これは iPhoneとiPadを専用ケースに入れて演奏しているらしいのですが、ありそうでなかったアイデア。
(このケースは非売品で制作してくれるメーカーを募集中なのだとか)

iPhoneとiPadにアプリをインストールして立ち上げると、自動的に接続されすぐに演奏が楽しめます。
iPad側にはボディーが表示され弦をストロークします。
futu_ipad

iPhone側にはコード表が表示されるので、任意のコードを押さえます。
futu_iPhone

お手軽にウクレレ演奏ができる上、音もなかなかいいので、ウクレレで弾き語りを手軽に楽しみたいときなどはとても重宝しそうですね。

しかもただのおもちゃではありません。音楽アプリを専門に開発している「amidio」が作っただけあり機能も充実しています。
まず、iPhoneでアプリを立ち上げていない場合は、iPad上にコード表が表示されます。
その位置なども演奏しやすいように配置され、とても使いやすいです。
futu_ipad1

設定画面ではEQやディレイ、コーラス、リヴァーブの設定などもできます。
また、レコーディング機能もついており演奏をすぐに録音する事ができます。
futu_ipad2

コード表も曲に合わせて表示を変更でき、プリセットで「Over the rainbow」「Love me tender」などの有名曲が入っています。
futu_ipad3

今年の夏はiPadとiPhoneを使ってお手軽ハワイアンを楽しんではいかがですか?

プロモーション動画です。

iPad版は¥250、iPhone版は無料です。

どうせiPadなら机に置いて演奏しても同じだろと思ってやってみたのですが、ストロークがリズム良くできませんでした。
腕を上下に振るあの動きがやっぱりストロークには必要なんだと痛感しました。

関連記事一覧