ちょっとマニアックなギター練習方法

練習方法

以前トモ藤田氏のクリニックを受けた際にもきいたのですが、左右の手のタイミングを合わせる練習方法です。

そのクリニックで教わったのは、テンポ60のクリックを流し、4分音符で6弦の1.2.3.4フレットをそれぞれ人差し指、中指、薬指、小指で押さえダウンピッキング。
次に5弦の1.2.3.4フレットというふうに弾いていくというもの。

恐ろしく地味で退屈なエクササイズに思えますが、実に奥深いエクササイズでもあります。

このエクササイズのポイントは最初にも書いた通り、左右の手のタイミングを合わせる事です。
「馬鹿にするな!そんな事サルでもできるぞ!!」と思われた方はとりあえずギターを手に取ってやってみてください。

どうです?

何か気づきませんか?

奥深くないですか?

やっぱり「こいつ何言ってんだ?」って思われた方はだまされたと思ってこのエクササイズが奥深いと思えるまで月に一回でいいのでやってみてください。
いつか「あっ!!」っと思える日がくるはずです。

左右の手のタイミングがバッチリ合ってかると、出音、バンドの中での音抜け、フレーズの粒立ちなど多くの事に良い影響を及ぼします。
6弦、4.3.2.1、5弦、4.3.2.1~などいろんなバリエーションを試してみてください。

このエクササイズで単音の感覚をバッチリ掴めたらコードカッティングでのタイミングも練習してみましょう。
カッティング時のリズム感、グルーヴ、フィール、トーンまで思い通りに操れるようになります。

こういった地味なテクニックや感覚が最終的に大きな違いになってあらわれるものです。

関連記事一覧