簡単図解!ウクレレの上手なチューニング方法

ウクレレ

ウクレレやギターなどの弦楽器はその特性上、「チューニング」とは切っても切れない関係にあります。
演奏する前や演奏中など何度もチューニングを行うことになりますが、覚えてしまうと難しいものではありません。
これからウクレレを楽しく練習し、充実したウクレレライフを手に入れるためにも、まずは正しいチューニングの方法をマスターしておきましょう。

ウクレレ特有のチューニング

ウクレレの基本的なチューニングは4弦からG(=ソ)、C(=ド)、E(=ミ)、A(=ラ)の音に合わせていきます。

ウクレレのチューニング

ギターやベース、バイオリンといった他の弦楽器は端っこの弦がいちばん音が低く、そこから順番に音が高くなるようにチューニングしますが、ウクレレは少し特殊で、3弦がいちばん低い音になっています。

4弦を太い弦に張り替えて、1オクターブ低いGの音に合わせる「Low-G」というチューニング方法もありますが、基本は先ほどの図で示した音の並びになっています。

なぜこのような特殊なチューニングになっているかは諸説ありますが、ハワイアンミュージックの軽やかでのどかな雰囲気を表現するためにハワイの人々が導き出した答えのひとつが、この特殊なチューニングの理由ではないでしょうか。

チューナーの使い方

初心者の方が手軽に、正確なチューニングを行うために「チューナー」は欠かせないアイテムです。
おすすめのチューナーは、ウクレレのヘッド部分に洗濯ばさみの要領で取り付ける「クリップ式チューナー」と呼ばれるタイプです。

ウクレレ クリップ式チューナー

演奏中やウクレレスタンドに立てかけている間も付けっぱなしにでき、いつでもすぐにチューニングを行うことができるので必ず用意しておきましょう。

使い方もいたって簡単です。

1.ウクレレのヘッドに取り付ける

ウクレレのヘッドに取り付ける

ヘッドの先端部分をクリップで挟み込んで取り付けます。

2.チューナーの電源を入れる

チューナーの電源を入れる

チューナーのスイッチをONにしましょう

3.弦を弾くと音名が表示される

弦を弾くと音名が表示される

弦を1本ずつ弾くと音名が表示されます

ほしいけど「すぐには用意できない」、という方はスマホのアプリでも代用できます。
たくさんの種類がありますが、AppStoreで「ウクレレ チューナー」と検索して最初に出てくるアプリが[GuitarTuna]です。
アプリを立ち上げて楽器を弾くだけで、スマホのマイクが音を拾って音程を表示してくれるので、外出先でチューナーを忘れてしまったときや、チューナーの電池が切れてしまったときにも活躍してくれます。

こちらのアプリはギター、ベース、ウクレレに対応しており、アプリの設定画面でチューニングしたい楽器を選択することができます。
guitartune

【設定】→【チューニング】→【ウクレレ】と設定するだけでウクレレ用の表示に切り替わります。

ペグを回す方向

ウクレレのチューニングを合わせるには、ヘッドについているペグ(糸巻き)を回して弦を緩めたり、締めたりします。
音を上げる場合はボディー側に外回り、音を下げる場合はボディー側に内回りに回すと覚えておきましょう。

ウクレレのペグを回す方向

ペグを回す方向が4弦、3弦と2弦、1弦で違うため、初心者の方がつまづいてしまうポイントにもなっています。
音を上げようと思ったのに下げてしまったなんて失敗は誰にでもあるので、慣れるまではひとつずつ確認しながらやっていきましょう。

チューニングの手順

チューニングの基本がわかったら、4弦から順番ににチューニングをしていきます。

親指で4弦を弾く
まずは4弦だけを親指で弾いてみましょう。

針が真ん中を指している
チューナーの表示がGになっていて、針が真ん中にきていればチューニングは合っています。
チューニングが低い
針が左に振れている場合、4弦の音が低いということになります。
ペグを回す
4弦の音を上げる必要があるので、針が真ん中になるまでペグをボディー側に外回りで少しずつ回します
音が高い
針が右に振れている場合、4弦の音が高いということになります。
下げてから上げる
4弦の音を下げる必要があるのですが、針が真ん中より左になるまでグイッと下げ、音を上げながら合わせていきます。

4弦のチューニングができたら3弦、2弦、1弦も同じ要領で合わせていきます。
合わせる音は4弦からG(=ソ)、C(=ド)、E(=ミ)、A(=ラ)です。

4弦から1弦までの音が正しくチューニングできているか、下の音源と一緒に弾いて確認してみましょう。

【ウクレレ チューニング確認用音源】

チューニングの豆知識

音を上げながら合わせる

先ほども少しふれましたが、ウクレレの音が合わせたい音よりも高かった場合、いったん狙いの音よりも低い状態にしてから、音を上げながらチューニングしていきます。
そうすることでチューニングの安定度が上がり、演奏中のチューニングの狂いを軽減することができます。

音が消えるまで待つ

チューニングをするとき、短いタイミングで何度も弦を弾く人がいますが、これはNGです。
弦はその特性上、弾いた瞬間は少し音が高くなっているので、短いタイミングで何度も弾いてチューニングすると結果的に少し低い音に合わせることになります。

弦を一度弾いたあとは、チューナーの針が動かず安定した状態になるまで少し待ってからペグを回すようにしましょう。

チューナーに全然違う音が表示されたとき

ペグを回しすぎてしまったときや弦を交換したとき、しばらくウクレレに触っていなかったときにチューニングをすると、チューナーの表示が全然違う音になっている場合があります。
そんな時は今表示されている音が高い方にずれているのか、低い方にずれているのか、下の図を見ながら確認してみましょう。

チューニングの音程

高い方にずれていた場合はいったん弦を緩めてからチューニングしていきましょう。

1弦と他の弦の関係

チューニングに慣れてきたら1弦のA音だけを音叉などで合わせ、他の弦は1弦を基準音として合わせることもできます。
1弦の開放(=A音)は2弦の5フレット、4弦の2フレット同じ音なので、1弦を基準にして2弦と4弦を合わせることができます。
2弦の開放(=E音)は3弦の4フレットと同じ音になるので、2弦を基準にして3弦を合わせます。

耳でチューニングをする方法

①1弦の開放(=A音)を音叉などで合わせる
②2弦の5フレットを押さえて弾いた音を、1弦の開放(=A音)に合わせる
③4弦の2フレットを押さえて弾いた音を、1弦の開放(=A音)に合わせる
④3弦の4フレットを押さえて弾いた音を、2弦の開放(=E音)に合わせる

チューニングがバッチリできたら、コードを弾いてハワイアンソングにチャレンジしてみましょう!

さいごに

冒頭でも説明した通り、弦楽器とチューニングは切っても切れない関係にあります。
最初のうちはペグを回す方向や、どの程度回すかということがわからず、チューニングに時間がかかってしまうと思いますが、慣れてきたら1分とかからずにできるようになります。
焦らずじっくりと上手なチューニングの方法を身につけていきましょう。

当スクールではウクレレのオンラインレッスンも行っています。
「チューニングはできたけど曲を弾くために何をどう練習したらいいか分からない」
「自分1人では弾けるようになる自信がない」
「プロに教えてもらって、はやく好きな曲を弾けるようになりたい」
そんな方は無料の体験レッスンもあるので、ぜひお試しください。

【自宅】で手軽にプロの講師のマンツーマンレッスン!

オンラインウクレレレッスン

関連記事一覧