ギター弾きのための音楽理論講座7 コードブックは破り捨てろ!② コードネーム

ギター弾きのための音楽理論講座

1,四和音
前回の「ギター弾きのための音楽理論講座6 コードブックは破り捨てろ!① コードの正体」では、もっとも基本的なコード「三和音」が1度、3度、5度からできていると解説しました。
「三和音」の次に「四和音」というコードがあります。
1度、3度、5度、7度
で構成されます。
「三和音」
1度、3度、5度
「四和音」
1度、3度、5度、7度
規則性がありますよね?
そう、コードは
「ルートから数えて奇数の音を重ねる」
というルールがあるのです。
では、Cのコードに7度を加えてみましょう。
1度、3度、5度、はこのように押さえましょう。
$ギター弾きによるギター弾きのためのブログ-thepocketblog6_3
Cのコードで7度は「B」の音です。
チューニングをする時、2弦の開放はBの音に合わせますよね?
先ほどのCコードに足すと。
$ギター弾きによるギター弾きのためのブログ-thepocketblog7_1
となります。
今弾いたコードは「Cメジャーセブン」というコードです。
※ダイアグラムに出てくる「長7度」は「メジャーセブン」の日本語よみ
2,コードネームですべてが分かる
「Cメジャーセブン」とは
Cのコードにメジャーセブンの音を加えた
という意味です。
コードの表記は「CM7」となります。
この表記方法には意味があります。
$ギター弾きによるギター弾きのためのブログ-thepocketblog7_2
ではここで問題
「CmM7」
このコードを押さえられますか?
まず、このコードの意味を確認しましょう。
$ギター弾きによるギター弾きのためのブログ-thepocketblog7_3
Cマイナーにメジャーセブンの音を加えたという意味です。
※小文字の「m」はマイナー、大文字の「M」はメジャーを表しています
また、長3度=メジャーサード(M3rd)
短3度=マイナーサード(m3rd)
と呼ぶことも再確認しておいて下さい

Cマイナーに
$ギター弾きによるギター弾きのためのブログ-thepocketblog6_4
メジャーセブンの音は先ほどと同じ2弦の開放です。
$ギター弾きによるギター弾きのためのブログ-hepocketblog7_4
はい!!
「CmM7」の出来上がりです。
「CmM7」
という表記だけ見るととても難しそうですが、一つ一つ見ていくと実はそれほど難しくもなく必要な情報がぎゅっと凝縮されているのがコードネームの特徴なのです。
コードネームにはちゃんとルールがある事が分かったと思います。
次回からはそのルールを細かく説明していきます。
正直ちょっと覚える事もありますが、コードブックを丸暗記するより100倍楽です。
コードブックを破り捨てる日は近づいてきていますよ!!

関連記事一覧