iPhone&iPadが最強ツールに POD Mobile In

ギタリスト機材レビュー, 音楽系アプリ情報

僕のiPhone&iPadが最強になりました。
こいつのおかげです。

LINE6 Mobile In

iPhone&iPadにギターの音を入力する為のオーディオインターフェイス。
この小さな機械を接続する事により、iPhone&iPadがギターアンプに変貌を遂げてしまうのです。
購入前に気になっていたのが、iPhone&iPadのスピーカーから音が出せるのか?その音量は?という点だったのですが、使ってみると見事にクリアされました。音量はiPhone&iPadのスピーカー最大値まで出せるので、ギターと接続する事でいつでもどこでも演奏を楽しむ事ができます。

Mobile Inを利用するにはApp StoreにてMobile PODというアプリをダウンロードする必要があります、しかもこのアプリは無料なので誰でも試してみる事ができます。
(Mobile Inを接続していない状態でMobile PODを立ち上げると「Mobile Inが見つかりません」というエラーが出てしまいますが、その操作性や動作を試す事は可能です)
Mobile PODはPOD Version 2.0に相当する性能を兼ね備えているそうで、その音質はギタリストの皆さんであれば想像がつく事でしょう。
以前から、アンプモデリングの最高峰として君臨するPODのアプリだけになかなかの音質です。


32種類のギター・アンプ
16種類のギター・キャビネット
16種類のストンプボックス&ラック・エフェクト

10,000種類以上のトーン
内蔵チューナー

手軽にギターを演奏するには十分な機能ですね。

実際に使ってみて
こういった機器で一番気になる点にレイテンシー(音の遅延)が挙げられるのですが、ほとんど気になりません。
スムーズな音の立ち上がりなので演奏に影響が出るような事もないでしょう。
ギター入力は110 dBのダイナミック・レンジになっているため、オーディオインターフェイスとしての性能的にもかなりの仕上がりですね。
操作性もさすがと言った感じで、簡単に直感的に操作できるので初めて触ってもすぐに自分好みの音が作れてしまいます。

自宅でギターを弾こうと思った時に、ギターとアンプをシールドで接続する感覚で使え、音色も自分好みにできる。これだけで十分便利だと思います。
これまでのようにアンプの電源を入れて、エフェクターの電源を入れて、それぞれをケーブルで接続してと言うわずらわしさから開放されます。
いつでも、どこでも手軽にギターの演奏を楽しめるという点では最強のツールだと言えるでしょう。

これがあると、ライブの出番待ちにも手軽に練習ができるのでとても時間が有効に使えますね。
さらには、今これを使っていると確実に周りのミュージシャンから声をかけられるので自然と横のつながりもできるでしょう(これって結構重要なポイントですよね)。まさにお値段以上です。

Mobile InはPODアプリ専用のオーディオインターフェイスとしてだけではなく、Garage Bandなど他のiPhone&iPadアプリとの互換性もあります。
Garage Bandのアプリを立ち上げれば、自分のギター演奏をiPhone&iPadで録音し、編集、加工までできてしまいます。
(Garage Bandで録音する時は、Garage Band内蔵のエフェクトや、アンプモデリングを使う事になるため、PODアプリの音を録音する事はできません)

iPhoneやiPadを使っているギタリストには絶対におすすめのツールです。値段は9000円ほどと若干高めですがその価値は十分にあるのではないでしょうか。

スカイプギターレッスンの生徒さんにも実演してその音を聞いてもらったのですが、皆さんリアルな使える音に驚いていました。
iPhoneやiPadのヘッドフォン端子から出力して、アンプのセンド&リターンに接続すればスタジオなどでの練習にも使えるかもしれないですね。
他にもギター教室や小さなライブなど使い方によっては様々な場面で活躍してくれそうです。

こういった面白いツールが手に入ると、ギターを弾く事自体がますます面白くなっていきますね!!

free_lesson_form

関連記事一覧