ギター弾きのための音楽理論講座10 コードブックは破り捨てろ!⑤ ここまでくれば8合目

ギター弾きのための音楽理論講座

前回、4和音の基礎的なコードをマスターしました。
頭に入りましたか?
まだ整理できていないですか?
そんな方の為にまとめ。
1,コード関係の図解
1)ダイアグラムにてそれぞれのコードの押さえ方(5弦をルートにした押さえ方)を記しています。
2)赤線の矢印がついている音が三和音の構成音を記しています。
(点線の矢印は重複した三和音の構成音です)
3)青の矢印は四和音の鍵となる音です。
(メジャー7=長7度、7th=短7度)
$ギター弾きによるギター弾きのためのブログ-thepocketblog10_1
メジャー7はルートの半音下。
7thはルートの1音下(メジャー7の半音下)

という音の位置関係を頭に入れておいて下さい。
続いてマイナー
7度の位置関係は同じで3度(2弦の音)がメジャーより半音下になっているという位置関係にも注目して下さい。
$ギター弾きによるギター弾きのためのブログ-thepocketblog10_2
コードフォームの中で各弦が何度の音なのか?という事が理解できれば、コードを瞬時に作る事ができるようになります。
コードブックを破り捨てるまで後少しです。
2,6弦ルート
今度は6弦にルートを持ってきた押さえ方を見ていきましょう。
まずは6弦のルートを8フレットに合わせて弾いて下さい。
このコードは「C」です。
$ギター弾きによるギター弾きのためのブログ-thepocketblog10_3
1弦=ルート
2弦=P5(完全5度)
3弦=M3(長3度)
4弦=ルート
5弦=P5(完全5度)
6弦=ルート
となっています。
それぞれの弦の度数をチェックして下さい。
では、この押さえ方を基にCM7を弾いて見ましょう。
考え方は先ほどの5弦ルートの時と同じです。
三和音+メジャー7の音です。
メジャー7の音はルートの半音下にありましたよね?
CM7
$ギター弾きによるギター弾きのためのブログ-thepocketblog10_4
 8
このような押さえ方になります。
ここまでOKですか?
OKならばあなたは次のコードを作れるはずです。

①6弦ルートのC7
②6弦ルートのCm
③6弦ルートのCmM7
④6弦ルートのCm7

これができていればコードマスターと言っても過言ではありません。

ちょっと言い過ぎです。
次回は本当のコードマスターになるためにいくつか新しいコードをマスターしましょう。
先ほどのコードの押さえ方はこちらからチェックできます
LESSON10 6弦ルート

関連記事一覧