ギター弾きのための音楽理論講座21 「キー」を理解しよう③ キーを読み取る

ギター弾きのための音楽理論講座

1,コード進行から分かる事
まずはこのコード進行を弾いてみて下さい。
あの名曲「Stand by me」のコード進行です。
A / /F#m / /D /E /A / /
とても単純なコード進行ですね。
では、この曲のキーは何でしょうか?
何となく「A」の気がしませんか?
最初も最後もAのコードですから。。。
正解です。
「Stand by me」のキーは「A」です。
もう少し詳しくみてみましょう。
まずはキー「A」で使えるコードを書き出してみましょう
A Bm C#m D E F#m G#dim
(怪しい方は前回のギター弾きのための音楽理論講座20 「キー」を理解しよう② 番号で理解しようをおさらいして下さい)
先ほどのコード進行に出てきたコードはすべてキー「A」で使えるコードに含まれている事が分かりますね。
「Stand by me」のコード進行を前回覚えた番号で表してみましょう。
Ⅰ / /Ⅵm / /Ⅳ /Ⅴ /Ⅰ / /
このように表す事ができます。
今回の「Stand by me」はAだと何となく分かったから、キー「A」で使えるコードと照らし合わせてキーが判明しました。
では、キーの見当がつかないコード進行の場合どうすればいいのでしょうか?
2,すぐに読み取る
次のコード進行のキーは何でしょうか?
A /B /E /B /C#m /F#m /B /E /
Aから始まってるからAのような気もするし、Eで終わってるからEのような気もするし。。。
と悩むかもしれません。
では、コードの番号の話に戻りましょう。
Ⅰ△ Ⅱm Ⅲm Ⅳ△ Ⅴ△ Ⅵm Ⅶdim
前回覚えたダイアトニックコードですね。
このコードに注目すると
マイナーのコードが隣り合っているのは「Ⅱm Ⅲm」
メジャーのコードが隣り合っているのは「Ⅳ△ Ⅴ△」

という事がわかります。
先ほどのコード進行を見てみると、AとBという隣り合った音のメジャーコードが出てきました。
この法則に当てはめるとAとBはⅣ△とⅤ△という事が分かります。
BがⅤ△ということが分かればそこからⅠ△を割り出せばキーが分かりますね。
割り出し方はギター弾きのための音楽理論講座10 コードブックは破り捨てろ!⑤ ここまでくれば8合目でもやったようにギターの指板を使います。
まずBの音は5弦2フレットにあります。
$ギター弾きによるギター弾きのためのブログ-thepocketblog21_1
この音が5度ですね。
次にメジャースケールのルートと各音の位置関係を思い出して下さい。
$ギター弾きによるギター弾きのためのブログ-thepocketblog21_2
5度の隣の弦(太い方)の2フレット低い方がルートです。
$ギター弾きによるギター弾きのためのブログ-thepocketblog21_3
Bから数えると6弦の開放になりますね。
6弦の開放はEなので、先ほどのコード進行のキーは「E」だと言う事が分かります。
ではこのコード進行のキーも見てみましょう。
F /Dm /Am /Dm /Gm /C /Dm /C /
先ほどの法則を思い出しましょう。
マイナーのコードが隣り合っているのは「Ⅱm Ⅲm」
メジャーのコードが隣り合っているのは「Ⅳ△ Ⅴ△」

この法則に当てはまる部分はありましたか?
どうでしょう?
F /Dm /Am /Dm /Gm /C /Dm /C /
GmとAmは隣り合っていますよね。
コード進行として続いて出てはこなかったのですが、よく見ると見つかります。
先ほどの法則から行くとGmとAmはⅡmとⅢmにあたります。
GmがⅡmという事はⅠ△は何でしょう?
今回紹介したキーを判別する方法はあくまでも基本中の基本です。
実際の曲の中ではダイアトニックコード以外も頻繁に使われますが、まずは基本をしっかりマスターする事から始めましょう。
先ほどの答えと、おさらいをかねた例題はこちら
LESSON 21

free_lesson_form

関連記事一覧