14,800円のギターで弾きまくってみた&やった方がいいお手軽カスタマイズ

ギタリスト機材レビュー

以前のエントリ9800円の初心者用ギターって実際どうなの?でも書きましたが最近の初心者向けギターはかなり品質が向上しています。
そんな事を言っても自分が所有していなければ説得力が出ませんよね。

と言う訳で購入しました。

Maestro by Gibson
Maestro by Gibson

Maestro by Gibson Les Paul Standard

ギブソンUSAがプロデュースする初心者向けギター・ブランド“マエストロ”が日本初登場! ギブソンとイシバシ楽器がタッグを組み、本家ギブソンから継承したヘッド・デザインでこの価格のレス・ポールが実現。『多くの人がもっと気軽にギターに触れ、ギターの楽しみを知ってもらいたい。』そんな思いが詰まった入門エレキギターの決定版が完成いたしました! ハムバッカー・ピックアップを搭載し、コントロールの仕組みはギブソン・レス・ポールと同じ! ファットなロック・サウンドをお楽しみ頂けます。

・カーブドトップ・ボディ
・ボルト・オン・ネック
・ハムバッカー・ピックアップ×2
・2ボリューム、2トーン、3ウェイ・トグル・スイッチ
・ドット・インレイ・ポジション・マーク


見た目はGibsonレスポールとなんら変わりません、しかし価格は驚きの14,800円です。
作りもなかなかしっかりしており、ちゃんとギターです。

もちろん細かな点を見ていけば突っ込みどころはあるのですが、この価格を考えるとほとんど気になりません。
よくある入門用ギターだと、ネックの塗装がされていなかったりするのですがこのギターはしっかり塗装もされており、ネックの太さも本物のレスポールほどではありませんが、そこそこの太さがありしっかりした印象があります。

肝心の音は実際に演奏したこちらの映像を参考にして下さい。

この音どう感じましたか?
ギターの音はPODでライン録音し、リバーヴとディレイを少しかけただけです。
録音後のEQなどは一切いじっていません。

お手軽カスタマイズ

このギターを買う人の多くは初めてギターを買う人だと思うのですが、そんな人が手軽にできる激安ギターの為のカスタマイズをご紹介します。
なぜカスタマイズが必要だったのでしょうか?

  • チューニングが安定しない

ギターのチューニングは一度正確に合わせても弾いているうちに少しずつ狂ってくるものです。(これはギターの構造上仕方のありません)
しかしこのギターの場合、その狂いが最初はひどく1分弾くとどこかの弦が狂ってしまっているような状況でした。
そこで行ったのがペグのねじを締めるというとても単純なカスタマイズです。
チューニング
ペグ(チューングを上げたり下げたりする為のつまみ)の横についているねじをプラスドライバーで締めるとペグが緩みにくくなります。
(締めすぎるとペグが回らなくなるのでほどほどに)
※まともな値段のギターだとこんな調整は必要ありません。

これでかなり快適に弾けるようになりました。
恐ろしいくらいのコストパフォーマンスを発揮してくれるギターです。

それにしても最近のギター工場はどうなっているのでしょう。
こんなギターがどうやって作られれいるかとても興味があります。工場見学したいな〜。

free_lesson_form

関連記事一覧