ギターでウォーキングベースとジャズフレーズ

上達するために知っておいてほしいこと&練習, 動画レッスン

オシャレなジャズギターって憧れますよね。
でもジャズって難しいイメージがあってなかなか手が出ないと言う方も多いと思います。
そんなあなたにこそこちらの無料動画レッスンを見て欲しいです。

今回は簡単だけれどもかっこいいジャズフレーズの紹介です。

ウォーキングベース

まずはジャズの定番コード進行でオシャレなバッキングパターン。
ベースラインとコードバッキングをギター1本で表現するのですが、ジャズの場合ベースは4分音符で次々に音を変えながら弾いていきます。
ロックの8ビートの基本は1つの音を8分音符で「ドドドドドドドド」と弾いていきますよね。

そしてコードは1拍目の8分裏に弾くのですが、ジャズではスウィングといってシャッフルのような(厳密には違いますが)はねたリズムになります。


譜面のダウンロードはこちら

ジャズフレーズ

ジャズらしいフレーズのポイントはドミナントコードでのフレージングにあります。
動画の中で詳しく紹介されていますが、スケールからはみ出した音の使い方がポイントになってきます。

動画では初心者の人でも弾けるように、運指についても詳しく解説されています。
是非参考にしてみて下さい。

譜面のダウンロードはこちら

廣重先生の紹介ページはこちら
廣重先生のスカイプギターレッスンをご希望の場合、まずは下のリンクから無料体験レッスンにお申し込み下さい。
その際備考欄に「廣重先生の体験レッスン希望」と明記して下さい。

free_lesson_form

関連記事一覧