カッティング上達のためのちょっと変わった練習フレーズ

上達するために知っておいてほしいこと&練習, 動画レッスン

歯切れの良いカッティングは、ギタリストなら誰でも憧れると思います。
カッティング上達の為のポイントは

  • ストロークのスピードを上げる
  • 右手の力を抜く
  • 右手の柔軟性を上げる
  • 左手の押弦とピッキングのタイミング
  • 他の楽器とのリズムの絡み
  • etc…

などたくさんありますが、今回はTHE POCKETのオリジナルテキストに掲載されているちょっぴり変わった練習方法を一部ご紹介します。
デモ動画がありますので、一緒に見ていって下さい。

EX-1

カッティング1
これは普通のダウンアップを繰り返す、いたってオーソドックスなパターンですね。
まずはこのパターンで、実音とブラッシングのメリハリが付けられるように練習しましょう。

EX-2

カッティング2
先ほどのパターンとほとんど同じなのですが、ピッキングの順序が逆になっていますね。
アップから始まっているのですが、ただそれだけなのにかなり難易度が上がります。
特にある程度ギターが弾けるようになった中、上級者の方ほど苦戦してしまう練習です。
身体に染み付いた常識にとらわれず、柔軟性を持ってギターを弾く練習にもなります。

EX-3

カッティング3
このパターンはかなり難しいです。
途中で半拍3連が入るのですが、そこからピッキングの順序が逆になり2小節目の半拍3連でまた元通りのピッキングになるという、何とも変則的なパターンになります。

このパターンも、腕の柔軟性だけでなく頭の柔軟性も鍛えられる中、上級者向けのものになります。
腕も頭も柔らかーくプレイしましょう!!

※オリジナルテキストでは順を追って上達できるよう、もう少しやさしいフレーズからさらに難しいフレーズまで掲載しています。

free_lesson_form

関連記事一覧