【TAB譜あり】ギターの試奏で使ってみたいフレーズ -コードワーク編-

初心者向け

前回のエントリーではギターの試奏で使ってみたいフレーズ -カッティング編-をお届けしました。
今回はコードワーク編になります。

コードを弾きながらちょっとしたフレーズを入れることで、ギター1本でコードとメロディーを奏でてしまおうというものです。
ジミヘンやジョン・メイヤーを始め、多くのギタリストがイントロやバッキングに用いる手法なのですが、Little Wingのイントロが有名ですね。

ジミヘンのように弾けるといいのですが、少し難易度が高いと感じる方向けに比較的弾きやすくアレンジした試奏用のコードワークフレーズがこちらです。
試奏フレーズ

shisou chordwork

試奏の際にこういったフレーズを弾く事で、低音弦から高音弦までのバランスを確かめる事ができます。
低音に迫力がない、あるいは高音が出過ぎているなどそれぞれのギターが持つ特徴に気付きやすいフレーズなので重宝します。

高い買い物をするわけですから、後悔しないよういろんな角度から楽器の特徴を見てあげましょう。

■試奏に役立つこちらの記事もどうぞ!



ずっと使える基礎練習ブック
【限定】無料プレゼント!!
スマホで見やすい!無料Ebook
ギター初心者から上級者まで、ずっと使える基礎練習106のアイデア
  • 基礎練習が大事だと聞くけど何をすればいいの?
  • 効果的な練習方法を知りたい
  • 楽譜の字が小さくて読みにくい
ギターを始めたあなたにゼッタイに知っておいて欲しい練習フレーズとそのポイントを、252ページにわたり完全解説!!
毎日の基礎練習がずっと楽しくなります!!
ギター初心者から上級者まで、ずっと使える基礎練習106のアイデア ダウンロードはこちら↓↓↓
無料体験レッスン申し込みフォームへ

関連記事一覧