サークル・オブ・フィフス(Circle Of Fifths)はギターの指板上で覚えましょう

上級者向け, 中級者向け

サークル・オブ・フィフスは音楽理論を勉強した事のある人なら必ず目にしたことがある単語であり、図表です。
日本語では五度圏と言います。

余談ですが、こんな時計も販売されいるのですね。。。
u_421s_01

様々な場面で利用されて覚えておくととても便利なサークル・オブ・フィフスですが、覚えるのが大変でそこで嫌気がさしてしまう人が多い事も事実です。
また、この図表を丸覚えしたところで実際のギタープレイに活かす事はなかなか難しいものです。

そこでおすすめの覚え方は「ギターの指板上で覚える!!」です。
準備段階として上のサークル・オブ・フィフス時計からアルファベットを抜き出してみましょう

順番
調号の数
0 1 2 3 4 5 6 7
右回り
#系
C G D A E B F# C#
左回り
♭系
C F B♭ E♭ A♭ D♭ G♭ B

#系は完全5度上に進行し右回り、♭系は完全4度上に進行し左回りになっています。

これをギターの指板上で見てみましょう
#系
circle of 5th #
5弦3フレットから始まり、5度上のGの音に進行します。
(6弦のGに音が下がっているので5度上に上がっている事がイメージしづらいですが、指板上で分かりやすいようにオクターブ下のGに移動していると考えて下さい)

♭系
circle of 5th ♭
6弦8フレットから始まり4度上のF(5弦8フレット)に移動しています。

指板上の音の関係を視覚的に捉える事が出来るようになれば、サークル・オブ・フィフスを覚えるだけでなく様々な場面で活躍してくれるので是非とも覚えておきたいポイントです。

サークル・オブ・フィフス時計を買って毎日にらめっこしながら覚えるのと、いつも触れているギターの指板上で覚えるのとではどちらがいいか、自分に合った方法でトライしてみましょう。

106の実践的練習アイデアを【無料】プレゼント中!

ギター練習帳プレゼント
  • ギターの上達に欠かせない基礎練習を網羅
  • 練習の目的やポイントも詳細に解説
  • 運指からリズム、音感まで幅広くカバー
252ページにわたる超充実の譜例と解説!
ギターの上達に欠かせないオーソドックスな練習法から、他では聞けない秘密の練習法まで完全公開しています。
今すぐ手に入れて今日から使えます!

無料でダウンロードする

GUITAR CAMP

エレキギターに特化した最強の練習メニュー 初心者が中級者になるためのカリキュラムを効率的に学べます

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

【自宅】で手軽に受けられるマンツーマンレッスン

オンラインギターレッスンのTHE POCKET

関連記事一覧