動画レッスン ギターが歌う?!ニュアンスの付け方

中級者向け, 動画レッスン

同じフレーズでも弾き手によってまったく違う印象に聞こえる事があります。
とても感情豊かに、表情たっぷりと聞かせる人と無味乾燥な演奏になってしまう人。
それらの違いは、弾き手による演奏時のニュアンスの付け方に大きく左右され、良い演奏は一流のシンガーが歌っているかのような表情を見せてくれます。
良いニュアンスがついたギター演奏を「ギターが歌っている」と表するのはそのためです。

今回の動画レッスンでは森本 隆寛先生がニュアンスの付け方についてレクチャーしてくれています。
簡単なメロディーを用いて、そのメロディーをバリエーション豊かに弾きこなす実例が多く収録されています。

ニュアンスをつけるというテクニックに派手さは一切なく、基本的なテクニックの積み重ねとなっています。
ビブラートやチョーキング、スライド、ピッキングなど初心者のうちにマスターしてしまうテクニックの解説になっているのですが、ニュアンスをつけるという視点で解説された内容は中級者、上級者が見ても参考になる事間違いなしです!!

ギターが歌う?!ニュアンスの付け方1

ギターが歌う?!ニュアンスの付け方2

基礎練習の具体的なフレーズと、そのポイントをまとめた
PDFを無料で提供しています。
スマホで見やすい!無料Ebook
ギター初心者から上級者まで、ずっと使える基礎練習106のアイデア
  • ギターを始めたけれど、どんな練習をしたらいいか分からない
  • 基礎練習が大事だと聞くけど何をすればいいの?
  • 効果的な練習方法を知りたい
  • 楽譜の字が小さくて読みにくい
など、ギターを練習するあなたにゼッタイに知っておいて欲しい練習フレーズとそのポイントを、252ページにわたり完全解説!!
ダウンロードして毎日の基礎練習にお役立てください!
ギター初心者から上級者まで、ずっと使える基礎練習106のアイデア ダウンロードはこちら↓↓↓
無料体験レッスン申し込みフォームへ

関連記事一覧