音楽の力

ギターを弾く全ての人に

ここ数日ずっとテレビやtwitterから流れてくる地震情報を観ていると衝撃的な映像や情報、暗い気分になる情報があふれかえっています。

被災された方々は心身ともに大変つらい状態だし、まだまだ救助されていない方もおられるでしょう。
また阪神大震災のときもそうだったように、この状況が一段落ついても仮設住宅の問題や復興支援の問題で大変な想いをされる事でしょう。
被災者の方々の一刻も早い復興をお祈りします。

僕は中学生の時に阪神大震災を経験しました。(といっても僕が住んでいた地域は数日断水した程度の軽い被災)
地震が起こった瞬間は何がなんだかわからずただ怖くて布団の中に潜っていました。

揺れがおさまった後、母が家族の安否を確認するため大声で家族の名前を呼びました。
家族は皆無事で、家具が倒れてぐちゃぐちゃの家の居間に集まって朝になるのを待ちながら無事を喜び合っていました。

もちろん停電でTVなんかもつながらないし、今のように携帯で情報を手に入れる事もできないので外の状況がどうなっているのか、どこで起きた地震なのかなど何も分からないなかとても不安だった事を覚えています。

そんな中、朝7:00に突然僕の部屋のスピーカーからMR.BIGの「Addicted to that Rush」が聞こえてきました。
そう、電気が復活したのです!!

電気が復活して僕の目覚ましに使っていたラジカセがタイマーでなりだしたのです。

ビリー・シーンのベースのタッピングが鳴り響き、ポール・ギルバートのギターリフ、二人のユニゾン、そしてリフ!!

リフに突入した頃にはそれまでの不安が吹き飛び一気にテンションが上がったのを覚えています。
それ以来この曲は僕の中では暗い気分を吹き飛ばしてくれる最高の1曲になりました。
まぁ、僕は電気が復活した事をこの曲で知ったのでなおさら印象が深いのでしょう。

でも音楽の力は絶大です。

皆さんもありますよね、つらい時や悲しい時に音楽を聞いていやされたり元気づけられたりした事。

関東のラジオでも被災者を元気づけるため、曲を流し始めているようです。
今後続く長く険しい復興への道を歩む方々を支援する為には継続した支援が必要です。
今だけの一時的な募金や同情ではなく継続した募金などの物的支援、復興の道を歩む中で疲れた人々を元気づけるイベントなどをどんどんやるべきだと思います。

イベントなどの楽しい事を企画すると、「不謹慎だ」「自粛しろ」という声が上がりますが楽しい事や明るいニュースは人々の中で伝染すると思います。
被災者の方々からそういった雰囲気を出す事はなかなか難しいと思うので、被災していない僕たちが楽しい事や明るいニュースを企画して、伝染させる事が支援につながるんじゃないかな。
今後ミュージシャンによるイベントも必ず実施されるでしょう。
その時は自分のできる範囲で精一杯応援したいと思います。

MR.BIG「Addicted to that Rush」

基礎練習の具体的なフレーズと、そのポイントをまとめた
PDFを無料で提供しています。
スマホで見やすい!無料Ebook
ギター初心者から上級者まで、ずっと使える基礎練習106のアイデア
  • ギターを始めたけれど、どんな練習をしたらいいか分からない
  • 基礎練習が大事だと聞くけど何をすればいいの?
  • 効果的な練習方法を知りたい
  • 楽譜の字が小さくて読みにくい
など、ギターを練習するあなたにゼッタイに知っておいて欲しい練習フレーズとそのポイントを、252ページにわたり完全解説!!
ダウンロードして毎日の基礎練習にお役立てください!
ギター初心者から上級者まで、ずっと使える基礎練習106のアイデア ダウンロードはこちら↓↓↓
無料体験レッスン申し込みフォームへ

関連記事一覧