ムダな力が抜けたピッキングをマスターする為の効果的な練習方法

練習方法

上手いギタリストは皆、無駄な力が抜けたとても軽やかで柔らかいピッキングしています。
多くの教則本でも「ピッキングは力を抜いて行いましょう」と書かれているのですが、実際どの程度力を抜けばいいのでしょうか?

今回は、力が抜けたピッキングとはどういったものか?という事を体感できる練習方法をご紹介します。
pic_thin
まず用意していただきたいものが、「thin」という0.3mm〜0.5mmくらいの極薄ピックです。

ものによっては普通のMEDIUMピックの半分くらいの厚さしかないので、「こんなペラペラで同じ100円だと損した気分になる!」とおっしゃる方もいますが、そこは「得られるものの大きさを考えると安いんだ」と自分を納得させるしかありません。

始めてこのピックを使うと大抵の人がとてつもない弾きにくさを感じると思います。
ピッキングした際、ピックが弦に負けてしまい弾き遅れたような状態になるとこちらの思うつぼです。

thinのピックが教えてくれる事

thinのピックを使って、ピックが弦に負けてしまう原因は2つ考えられます。

  1. ピックを強く握りすぎている
  2. ピックが弦に対して深く当たりすぎている

ピックを強く握りすぎるとピックが弦にヒットする際、ピックが抵抗に負けてぐにゃりとしなってしまいます。
この状態だと、自分が弾きたいタイミングより音が遅れて鳴るのでいい演奏にはなりません。
ピックが弦に負けないようにする為にはピックの握りを軽くして、弦に深く当たりすぎないようにする事がキモになってきます。

しかし、ピックを軽く握ってストロークなどをすると、スグにピックが手の中で動いて落としてしまうという方が多くいますが、thinのピックは弦にヒットする際の抵抗が普通のピックと比べて少ないので、手の中で動いてしまう幅も小さいはずです。
まずはthinのピックでスムーズなストロークが出来るように練習してみましょう

実際のフレーズで練習してみましょう

ex-1

まずはこの普通のストロークをthinのピックで行い、軽いピッキングとはどのような力の入れ加減なのかを体感してみて下さい。
繰り返していくとピックを持つ人指し指と親指だけでなく、腕全体からも力が抜ける事が分かってきます。

カッティング
ex-2

先ほどの練習で力の抜き方がマスターできれば、カッティングでも同じように軽くピッキングが出来るように練習してみましょう。
右手の動きが速くなる分、ピックを落としてしまったりしやすいのですが軽いピッキングは維持したままフォームなどを今一度見直してみましょう。

この練習で軽く、柔らかいピッキングがマスターできたらいつものピックでも同じような柔らかい感覚で弾けるようにしましょう。
そうする事であなたのピッキングは格段に良くなり、アンプから出てくる音も格段に良くなっているはずです。

関連記事一覧