エレキギター初心者のための完全スタートガイド

初心者向け

「ギターを弾いてみたい!!」
日本人の98.6%が生涯で一度はそんな思いを抱くのではないでしょうか。

「あの曲を弾けるようになりたい!
「あのギタリストみたいにカッコよくギターを弾きたい!」
「好きな曲を弾き語りしてみたい!」

そんな憧れを胸に多くの方がギターをはじめており、国内では年間15万本以上のギターが販売(※1)される一方、「初心者のうち90%が1年以内にあきらめてしまう」(※2)とのデータも出ており、手軽に始められる反面、手軽にあきらめてしまう方が多いのも事実です。

  • これからギターを始めたいけど、何から始めて、どんな練習をすればいいの?
  • ギターを買うところから始めなきゃいけないけど、何を買えばいいの?
  • よく挫折したって聞くけど、本当に弾けるようになるの?

こんな疑問を抱えるギター初心者のあなたが挫折することなく、最初の1曲を弾けるようになるための始め方を、ギター講師歴20年の筆者が徹底解説していきます。

※1 経済産業省生産動態統計 年報 繊維・生活用品統計編 平成28年 年報
※2フェンダー社調べ 「アンディー・ムーニーCEOインタビュー」より

エレキギターってこんな楽器

エレキギターとアコギの違い

ギターには大きく分けて「エレキギター」と「アコースティックギター」(通称アコギ)の2種類が存在します。
「エレキギター」はアンプと呼ばれるスピーカーのようなものにつないで音を出す楽器です。
「アコースティックギター」は単体でもしっかりとした音量が出る楽器で、それぞれ以下のような特徴があります。

・エレキギター(ソリッドギター)
エレキギター(ソリッドギター)

  • 1950年頃に誕生した比較的歴史の浅い楽器
  • アコギと比較すると弦が柔らかく押さえやすい
  • クリーンな音から歪んだパワフルな音まで幅広いサウンドが楽しめる
  • 弦の振動をピックアップと呼ばれる装置で電気信号に変え、その信号をアンプに送って音を出す
・アコースティックギター
アコースティックギター

  • 現在アコギと呼ばれている楽器の原型は1800年代に完成
  • エレキギターに比べると弦を押さえるのに力が必要
  • 単体で歌の伴奏ができるほどの音量が出せる
  • 最近では様々な奏法が編み出され表現の幅が格段に広がってきている

エレキギターにもこんな種類が

一口にエレキギターといっても様々な種類が存在します。
ここでは初心者の方が目にする機会の多い3つの種類に絞ってご紹介します。

・テレキャスター
テレキャスター
フェンダー社が開発した元祖ソリッドギター。
構造的に最もシンプルであり、パキッとした明瞭なサウンドが印象的。
・ストラトキャスター
ストラトキャスター
フェンダー社がテレキャスターに様々な改良を加えて開発。
弦を固定するパーツ(ブリッジ)がトレモロユニットと呼ばれる独自のもの。
・レスポール
レスポール
ギブソン社がフェンダーに対抗して開発した機種。
ずっしりとした重量感とふくよかなサウンドが特徴。

エレキギターの代表的なサウンド

上で紹介した3種類のギターはそれぞれが特徴的な音を持っていますが、それぞれの楽器ごとのサウンドの違いはいったん置いておきます。

エレキギターの最大の特徴は、アンプやエフェクターと呼ばれる機材を使用したサウンドメイクの豊富さにあります。
ここではエレキギターの代表的なサウンドを動画を交えてご紹介します。

・クリーン

ほとんど味付けが施されていないシンプルなサウンドで、伴奏、ギターソロ問わず様々なシーンで使用されます。

・オーバードライブ

「歪み」と呼ばれる成分が加えられていますが、音の輪郭も残しつつ、力強さが加わっています。

・ディストーション

クランチトーンに比べ「歪み」がさらに強調されたパワフルなサウンド。

初心者がエレキギターを購入する時のポイント

見た目で選んでOK!

エレキギターにはテレキャスター、ストラトキャスター、レスポール以外にもSG、フライングV、セミアコなどなど様々な種類が存在します。
また、それぞれ少しずつサウンドや弾き心地も異なるため、初心者の方が自分の理想にぴったりのギターを見つけ出すのは困難です。

そのため、最初の一本を選ぶ際は好みの形や色、好きなアーティストが使用している楽器と同じタイプなど、見た目から入ることをおすすめします。

※ちなみに、さきほどご紹介したクリーン、オーバードライブ、ディストーションの各サウンドはアンプのセッティングで作るので、どのギターを選んでも大丈夫です。

自分がかっこいいと思えるギターを持つことは、モチベーションや練習意欲の向上にもつながり、結果的にギターの上達を助けてくれます。

楽器店でのギターの買い方

楽器店で購入する場合は「試奏」と言って、購入前に現物を弾いて音や状態を確かめる事ができるのでおすすめですが、初心者の方が試奏して音や状態の良し悪しを見極めることはできません。

一緒に楽器店についてきてアドバイスをくれそうなギター経験者の友人がいればベストなのですが、いない場合は楽器店のスタッフに相談してみましょう。

  • 「自分が初心者であること」
  • 「好みのギターのタイプ(ストラト、レスポールなど)、カラーなどの見た目」
  • 「予算」
  • 「弾きやすいギターを選ぶようにアドバイスされてきたこと」

この4点を明確に伝えることで、ギター選びのお手伝いをしてくれます。

大手の楽器店では、独自の入門セットを販売しているところもあります。
また、店員さんが代わりに試奏してくれ、調整が必要かその状態を見極めてもくれることもあります。
店員さんが必要と判断した場合、簡易な調整ならば購入前に店員さんが行ってくれるでしょう。

誰でも最初は初心者で、何もわかりません。
初心者であることは何も恥ずかしいことではありません。

分からないことや疑問に思うことはなんでも店員さんに聞いて、全て解消してから購入するようにしましょう。

必要な周辺機材

エレキギターにはアンプの他にも必要な機材があります。
お手頃価格な定番アイテムをご紹介します。

・ギターアンプ

コンパクトなサイズ感ながら、ギターの練習が楽しくなる本格サウンド。
初心者〜上級者までおすすめです。

・シールド

自宅用練習用のシールドの長さは、3mが取り回しもよく定番です。
値段も安く、最初の1本には最適です。

・チューナー

いつでもどこでも手軽にチューニングが出来るクリップ式チューナーをおすすめします。

・ピック

代表的なティアドロップ型のピック。

・交換弦

安心の定番商品。
初心者の方にはゲージ(弦の太さ)0.09〜0.42の柔らかめの弦をおすすめします。

・ヘッドホン

夜間の練習にはヘッドホンが不可欠になってきます。

その他、あると便利なアイテム
・ストラップ
立って演奏するときの必需品

・ギタースタンド
ギターを安全に立てかけて保管することで、ネックへのダメージなどを最小限におさえます。

・クリーニングクロス
練習すると手の脂や汚れがギターに付着し、放置するとサビや傷みの原因になります。
練習後は傷をつけない専用のクロスで丁寧に拭きそうじをしましょう。

・ストリングワインダー
弦交換の際に便利なアイテム。
ペグを素早く回せるようになり、弦交換にかかる時間が大幅に短縮されます。

弾き方の基本をチェク

チューニング

ギターはとても音が狂いやすく、チューニングがとても大事になってきます。

チューニングの手順を簡単にまとめると

①チューナーを取り付ける
②チューニングしたい弦を弾く
③ペグを回して音を合わせる

の流れになります。

ギターの基本となるチューニングは6弦から順番にE / A / D / G / B / E の各音に合わせていきます。

チューニング

①チューナーを取り付ける
電源を入れ、洗濯バサミの要領でヘッド部分に取り付ける
チューナーの取付

②チューニングしたい弦を弾く

左手はどこも押さえない状態で、ピックや右手の親指で軽く1回だけ6弦を弾いてみましょう。
(弦楽器の世界では、どこも押さえていない状態で弾くことを「開放弦を弾く」「開放を弾く」と言います)

※この時の注意点は不要な弦(今は1〜5弦のこと)まで弾いてしまわないことです。チューナーはひとつの音しか聞き分けられないので、他の弦まで鳴っているとチューナーが正確に反応しなくなります。

③ペグを回して音を合わせる
6弦の開放が「E」よりも高ければ(メーターが右にふれていれば)時計回りに、低ければ(メーターが左にふれていれば)反時計回りに回しメーターが真ん中を示すように調整しましょう。

※チューニングのコツ
・ペグはゆっくりと少しずつ回す
・ギターの音が合わせたい音よりも高い場合、いったん合わせたい音よりも低くして、音を上げながら合わせるようにしましょう。そうすることで、後々のチューニングの狂いを軽減できます。

6弦のチューニングがぴったりと合ったら、同じ要領で5〜1弦も合わせていきましょう。

全ての弦のチューニングが終わったら、再度6弦から順番に音が合っているか確認しましょう。
※楽器の特性上チューニングの過程で狂いが出るものなので、確認するクセをつけておきましょう。

チューニングのくわしい方法はこちらの記事を参考にしてください。

アンプにつないで音を出す

次はいよいよエレキギターの醍醐味である、アンプでの音出しを体験しましょう!
音を出す手順は以下の通りです。

  1. ギターアンプにコンセントを挿します。(アンプの電源スイッチはまだ入れません!)
  2. 「ギターのジャック(ボディー横にある差込口)」と「アンプのINPUT端子」をシールドで繋ぎます。
  3. アンプのVOLUMEが0(ゼロ)になっていることを確認します。
  4. ギターのVOLUMEノブを10(時計回りにいっぱいまで回す)にする。
  5. アンプの電源スイッチをONにする。
  6. アンプのVOLUMEを少しずつ上げていく。
    ※GAINつまみがついている場合はGAINも少しずつ上げることで音が出るようになります。

【よくある失敗例】
アンプのボリュームを確認していないばかりにいきなり大きな音が出てびっくりする。
ギターのボリュームを確認しておらず音が出ないため、アンプが壊れたと勘違いする。

BOSS KATANA mini コントロール部

音が出たらVOLUME以外のつまみを回して好みの音に仕上げていきます。
ギターアンプについている代表的なつまみには

TREBLE(高音域の調整)
MIDDLE(中音域の調整)※付いていない機種も多い
BASS(低音域の調整)

などがありますが、最初はどう設定すれば良いか分からないと思いますので、とりあえず12時の位置(つまみの目印が真上を向く状態)に合わせてください。
多くのギターアンプでフラットな音が出るように設計されています。

例外としてはGAINというつまみがあります。
GAINはギターの音に「歪み」を加える役割があり、サウンドと音量の両方に影響を与えます。
GAINを上げると「歪み」が増すと同時に音量自体も上がるので、VOLUMEつまみで調整してください。
1チャンネル仕様のアンプでは、上げすぎない(2〜4まで)ことでクリーンな音が得られます。

基本的な弾き方(右手)

・ピックの持ち方

右手の親指と人差し指でピックを挟みます。
このとき、ピックの先端が親指に対して直角になること、1cm程度見えている状態を目指しましょう
ピックの持ち方1
人差し指はフワッと軽く曲げた状態にして、指の側面でピックを押さえます。

・弾き方

ピックが持てたらいよいよ弦を弾いていきます。
右手にだけ集中したいので、左手は親指以外の全ての指で弦に触れ、音が出ない状態を作りましょう。(弦に触れるだけで、押さえてはいけません。ミュートと呼ばれるテクニックです)

「ダウンピッキング」
上から下に振り下ろすピッキングの名称です。
ダウンピッキング
6弦よりも少し上に構えた右手を力まずに振り下ろします。
6弦から1弦までの全ての弦にピックが均等に当たるよう意識してください。

※右手は1弦を弾いた直後に止まらないように最後まで自然に振り抜きましょう。
野球のバッティングでボールを打ったあとに振り抜くのと同じ感覚です。

「アップピッキング」
下から上に振り上げるピッキングの名称です。
アップピッキング
1弦よりも下に構えた右手を上方向に振り抜きます。
ダウンピッキングと同じように全ての弦にピックが均等に当たるよう意識してください。

※最初のうちはダウンピッキングよりもアップピッキングの方が難しいと感じると思いますが、ピックを強く握りすぎない、手首と腕を力まないよう意識しましょう。

ダウンピッキング、アップピッキング共に、ピックが弦に跳ね返されるような感覚がある場合は右手に力が入りすぎている証拠です。
腕全体に力が入っている、手首が固い、ピックを持つ指に力が入っているなど様々な原因がありますが、ピッキングのポイントは「無駄な力を抜く」ことにあるので、力まずにピッキングができるよう練習しましょう。

基本的な押さえ方(左手)

右手の使い方がわかったところで、今度は左手の指で弦を押さえていきましょう。

下の例では「6弦の3フレットを、人差し指で押さえる」と表記されています。
6弦3フレット

※フレットとは、ネックに埋め込まれている金属のバーの事です。
6弦の3フレット押さえる場合、ネック側から数えて3つめのフレットのすぐ横(ネック側)を指の先端で押さえます。
くれぐれもフレットの真上を押さえないようにしましょう。
フレットの押さえ方

6弦の3フレットを押さえたら、ピックで6弦だけを弾いてみましょう。
先ほどのピッキングの練習では6〜1弦まで全てを弾いていましたが、今回は6弦以外は弾かないよう、右手の動きを小さくしてください。

しっかりと音は鳴っていますか?
音がすぐに切れてしまう場合、しっかりと押さえられていない証拠です。
6弦の真上を押さえているか、フレットを押さえていないなど確認しながら、指の位置を微調整してみましょう。

ワンポイントレッスン!
音楽では楽譜を使って出す音を表しますが、ギターには「タブ譜」というギター専用の楽譜があります。
なぜ「タブ譜」が存在するかはピアノとギターの違いを見てみれば一目瞭然です。

ギターには同じ音が弦違いでいくつも登場してきます。
通常の楽譜(五線譜)だけでは、どの弦の音を押さえれば良いかわかりません。
そこで、「タブ譜」はどの弦の、どのフレットを押さえたら良いかわかりやすく表記できるようになっています。

指一本でロックのリフを弾いてみよう!

ここまできたら、早速フレーズを弾いていきます。
今回のお題はこちら

初心者向け練習フレーズ_6弦のみ

6弦の開放を4回、6弦の3フレットを4回というサイクルで弾いています。
右手がひたすら6弦をダウンピッキングしている中で、左手が3フレットを押さえたり、離したりしています。

ワンポイントレッスン!
このフレーズのポイントは3フレットを押さえていた指を離したとき、必要以上に指が弦から離れないようにするという点です。
指が弦から離れすぎると、次に押さえるときが大変になってしまいます。
弦から1〜2cm浮いた状態を目指しましょう。

エレキギターの醍醐味!パワーコードを弾いてみよう

次はロックで多用される「パワーコード」を2つ弾いてみましょう。

パワーコードの弾き方① Eコード
パワーコードE
人差し指で5弦の2フレットを押さえ、6弦の開放と同時にピッキングします。
※この時の注意点は人差し指の先端が6弦に当たらないようにすることです。
当たってしまうと6弦がミュートされてしまい、音が出なくなります。

パワーコードの弾き方② Gコード
パワーコードG

人差し指で6弦の3フレットを押さえ、薬指で5弦の5フレットも一緒に押さえます。
※ここでも薬指の先端が6弦に当たらないよう気をつけましょう。
この状態で6弦と5弦を同時にピッキングしましょう。

2つのパワーコードを覚えたら、先ほどのフレーズと同じタイミングで2つのコードを弾いてみましょう。
Eを4回、Gを4回ずつのサイクルです。

初心者向け練習フレーズ_パワーコード

6弦だけで弾いていたフレーズに5弦の音も加わった状態になりました。
1音加わるだけで、響きがパワフルでよりロックっぽさが増してきました。

ワンポイントレッスン
コードが変わるとき、人差し指が5弦の2フレットと6弦の3フレットを行き来しているので、この動きをいかに無駄なく、直線的に行えるかがこのフレーズの鍵となります。
まずはゆっくり弾いて、左手の動きを体に覚え込ませていきましょう。

演奏に慣れてきたら下のカラオケにも合わせて練習してみましょう!
練習用カラオケ(単音弾き、パワーコード両方の練習に使えます)

目標となる1曲を決めよう

タブ譜の読み方、ピッキングの方法、弦の押さえ方がわかったらいよいよ好きな曲を練習しましょう!!

といいたいのですが、さすがにまだ曲に入るのは難しいと思います。
音符の読み方、休符が出てきたらどうするか、スライドやチョーキングなどのテクニックはどうやって弾くのか、覚えるべきことはたくさんあります。
一つ一つネットで検索していけば答えは見つかりますが、初心者の方がすべて検索しながら練習していくことは非効率です。

おすすめの教則本

そこで、おすすめしたいのが初心者用の教則本です。
ギター初心者に必要な知識や練習方法を、わかりやすく丁寧に解説してくれている教則本が多数出版されています。
正直、数が多すぎてどれを買えばいいか分からないと思いますので、おすすめの教則本をご紹介しておきます。

「できるDVDとCDでゼロからはじめるエレキギター超入門」
著者:宮脇 俊郎
ギター教則界のレジェンド
数多くのギター教則本を出版している著者による完全初心者向け教則本。
初めてギターに触れる方におすすめの一冊です。

【動画対応版】文字と楽譜が大きい エレキギター入門
小さい文字が見辛くなってきた方には最高に刺さるキャッチコピーの本はないでしょうか。
文字が大きいだけでなく、QRコードを読み取ることで本に掲載されているフレーズを動画でも確認できるようになっています。
ギターの各パーツの名前からソロフレーズまで網羅されています。

エレキギター初心者におすすめの最初の1曲とは

基本的な弾き方や楽譜の読み方をマスターしたあとは、いよいよ憧れのあの曲を弾いてみたくなりますよね?!

しかしどんな曲を選ぶかが、その後のギター人生を左右するといっても過言ではないほど重要なのです。
選んだ曲の難易度が初心者にとって高すぎるといつまでたっても弾けず、達成感も得られず、挫折する大きな要因となります。

そこで比較的ギターの演奏がシンプルで、入門曲に最適な定番曲を3曲ご紹介します。

①Avril Lavigne / Girlfriend

カナダの女性ロックシンガー、アヴリル・ラヴィーンの代表曲。

2007年にリリースされ、ビルボードチャート1位を記録。
アップテンポのノリがよい楽曲で、ギターはパワーコードと5、6弦の単音弾きだけで全編弾き通せてしましますが、Aメロの単音弾きでは音を止めるミュートと呼ばれるテクニックの習得が鍵になってきます。

ロックらしいアレンジが随所に施されており、曲に合わせて演奏するとバンド演奏の醍醐味を擬似体験できる1曲です。

楽譜は以下のサイトで購入できます。
楽譜購入/ダウンロード @ELISE Girlfriend

②チャットモンチー / 世界が終わる夜に

2018年に解散した日本のロックバンド、チャットモンチーが2007年にリリースした楽曲。

重めのミドルテンポの楽曲で、オープンコードをメインに演奏されていますが、G、 C、 D、Am7という比較的簡単な4つのコードしか使用していません。
コードは単純なのですが、2コーラス目で休符を交えた演奏が出てくるなど、曲にメリハリもあり、飽きることなく演奏することができます。

そしてこの曲の最大の山場は、イントロや間奏で出てくるギターのメロディー弾きになります。
メロディーや運指もシンプルなので、初心者の方でも十分に弾きこなすことが可能です。

楽譜は以下のサイトで購入できます。
楽譜購入/ダウンロード @ELISE 世界が終わる夜に

この曲は半音下げチューニングと呼ばれる、すべての弦を半音ずつ下げたチューニングで演奏されています。
6弦から
E♭(D#)
A♭(G#)
D♭(C#)
G♭(F#)
B♭(A#)
E♭(D#)
の音になるようにチューニングしましょう。
※上記のE♭(D#)は同じ音を示しています。
前の表記だと普通のチューニングから半音下がったことがわかりやすいと思いますが、一般的なチューナーでは#表示になるものが多いため()の音名を頼りにチューニングしましょう

③Deep Purple / smoke on the water

イングランドの伝説的ハードロックバンド、Deep Purpleが1972年にリリースした代表曲。
そのギターリフは世代を問わず、誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
エレキギターの世界で受け継がれてきた定番中の定番。

ギターを弾くものであれば必ず弾けるといわれているこのリフは、1本の指で隣あった弦の同じフレットを弾いており、パワーコードとは違ったテクニックが必要です。
また、歌の伴奏部分ではパワーコードが主体となっていますが、押さえた弦をバラバラに弾いていく必要があり、前の2曲とは異なるテクニックを身に付けられます。

ギターソロも弾いてみたいところですが、初心者の方には難しいかもしれません。
ある程度上達してからもう一度ギターソロにトライしてみて、ご自身の成長を実感する、というような取り組み方をしてください。
実際のギターレッスンでも、多くの方がそのような流れでトライしておられます。

楽譜は以下のサイトで購入できます。
楽譜購入/ダウンロード @ELISE Smoke on the Water

どうやって練習すればいいの?

曲を効率よく練習するには、ひとつひとつのフレーズをできるだけ短い単位に区切って覚えていきます。

smoke on the waterを例に挙げると、あのリフは4小節で一つのフレーズとなっています。
それを最初の1小節だけに絞って練習し、弾けるようになったら2小節目までつなげて弾く。

1〜2小節目までがつなげて弾けたら、今度は3〜4小節目だけを取り出して練習する。
最後に1〜2小節目、3〜4小節目をつなげて練習をするといったように、細分化することで効率よくフレーズや指の使い方を理解することができます。

細分化しての練習は初心者だけでなく、中級者も上級者も曲を練習する場合の基本となるので、是非身につけておいてください。

挫折しないための心得とは

以上のように基本的な練習方法やテクニックを学びながら、様々な楽曲にトライすることであなたのギターの腕前はぐんぐん上達し、憧れのあの曲も必ず弾けるようになります。

ですがその過程で必ず「なかなか弾けるようにならない」「同じところばかり練習していて辛くなってくる」「練習する意欲が出なくなる」といった挫折への入り口に差し掛かります。

そんな時は辛い練習や難しいフレーズは後回しにして、楽しみながらできる練習に切り替えてください。

今弾けなくても必ず弾ける時がきます。

「自分には無理だ」「才能がないからできない」と考えたくなることもあるでしょうが、ただ単に今の自分のレベルに合っていないだけで、タイミングの問題なのです。
別の練習を続けてしばらくたってから、同じフレーズを弾いてみると驚くほど簡単に弾けてしまったなんてこともよくあります。

そして、ギターが弾けるようになるための最大のコツは「続けること」です。

ギターに限らずどんなことでも「継続は力なり」といわれます。
毎日少しの時間でもいいのでコツコツと練習を重ねていくと、1ヶ月〜3ヶ月後には必ず1曲弾きこなせるようになっています。

「ギターが弾けるようになりたい!!」
その気持ちを忘れず、じっくりと練習に取り組めば、初心者のあなたも必ず1曲弾きこなせるようになります!!

最後に

そうはいってもやっぱり一人では不安、本当に弾けるようになるのかイメージできない、もっと効率よく上達したいという方にはプロの講師によるギターレッスンをおすすめします。

THE POCKETのオンラインギターレッスンではスカイプやzoomを利用することで、ご自宅でプロの講師によるマンツーマンレッスンが受けられます。

画面越しに講師の手元やピックの使い方などが見られると同時に、自分の弾き方もチェックしてもらえるので、間違ったフォームや押さえ方の間違いなどを放置することなく、確実に、効率的に上達することができます。

また、多くの生徒様に指導してきた経験から、初心者の方がつまづきやすいポイントやひとりひとりの得意、不得意を見つけ出し、より楽しく、より豊かに、ギターと音楽を楽しんでいただけるようにお手伝いをしています。
25分の無料体験レッスンも実施していますので、気になる方はお気軽にお申し込みください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
あなたが半年後、1年後にギターを笑顔で演奏し、音楽の楽しさを満喫されていることを願って、筆をおかせていただきます。

【自宅】でプロの講師から
レッスンが受けられます!
詳細はこちら

関連記事一覧