fbpx

ギター楽譜、タブ譜の読み方をわかりやすく解説

初心者向け

ギターは楽譜が読めなくても始められるので、音楽未経験者でも最初の一歩を踏み出しやすい楽器です。
楽譜が読めなくても始められる一番の理由は、タブ譜(TAB譜)と呼ばれるギター専用の楽譜の存在です。

この記事ではギターを始めるならさけては通れない、タブ譜(TAB譜)とダイアグラムの読み方をわかりやすく解説していきます。

ギターで使う楽譜の種類

タブ譜、ダイアグラム、五線譜

ギターで使用される楽譜の種類は、タブ譜の他にダイアグラムという表や五線譜があります。

タブ譜とダイアグラムはどちらも「◯弦の◯番目のフレットを押さえる」かがひと目でわかるようになっており、タブ譜にはさらに「いつ」弾くかというタイミング(リズム)の情報も含まれています。

それぞれの使われる場面をざっくり分けると

  • タブ譜=曲の弾き方を伝える
  • ダイアグラム=コードの押さえ方を伝える

に分けることができます。

ギターの楽譜では通常、タブ譜といっしょに五線譜も書かれていますが、タブ譜は「押さえる場所」五線譜は「音の高さ」がひと目でわかります。

また、タブ譜はギター以外の弦楽器でも使用されるので、ウクレレやベースの楽譜も同じ要領で読むことができます。

タブ譜の読み方

タブ譜
ギターのタブ譜は6本の弦を横線で表現し、押さえるフレットの番号を数字で示しています。

いちばん下の横線が6弦(太い弦)、いちばん上の横線が1弦(細い弦)になっています。
※実際にギターで押さえるとき、この向きが上下逆転してしまう人が多いので注意しましょう

上のタブ譜は「6弦(太い弦)の3フレットを押さえてください」という意味になります。
ギターの指板図で表すとこのようになります。
タブ譜を指板図で解説
※6弦の3フレットを押さえる場合、3フレットのすぐ横(ヘッド側)を押さえます。

また、下のタブ譜の場合は「1弦(細い弦)をどこも押さえず弾いてください」という意味になります。
タブ譜2
※どこも押さえずに弾くことを「0フレット」や「開放弦」を弾くと表現します。

ダイアグラムの読み方

コードダイアグラム

こちらは「C」というコードの押さえ方を表したダイアグラムになります。

いちばん下の横線が6弦(太い弦)いちばん上の横線が1弦(細い弦)という部分はタブ譜と同じです。
いちばんの違いは縦線が入っており、フレットの位置を表しています。

この横線と縦線でギターの指板を表現し、●印で押さえる場所を指定しています。
○印はどこも押さえずに弾く開放弦を表しています。

×印が書かれた弦は「音を出さない」という意味になり、左手の指で軽く触れるミュートというテクニックを使います。
(Cの場合、5弦を押さえた薬指の先端か、ネックを握り込んだ親指で6弦に軽く触れてミュートします)

また、どの指で押さえるかわかるように指番号まで書かれているケースもあり、
1=人差し指
2=中指
3=薬指
4=小指
の意味になります。
ダイアグラムとタブ譜
※上のダイアグラムとタブ譜は同じ意味で、押さえる場所はまったく同じです。

最近では無料の楽譜サイトでコードダイアグラムを目にすることも多くなってきました。
「(曲名) + コード」と検索すると出てくる、歌詞とその上にコードが書かれたサイトです。

有名どころでは
U-FRET
楽器.me
J-Total Music

などがあります。

どのサイトもコードダイアグラムが表示され、初心者の方にも見やすいサイトになっているのですが、

  1. カポタストの使用が前提になっている場合がある。
  2. ストロークやアルペジオのリズムは自分で考える必要がある。

という2つのポイントに気をつけながら活用してください。

カポタストの使い方とストロークの考え方はこちらの記事を参考にしてください。


リズムの読み方とタブ譜で使われる記号

リズムの読み方

冒頭でタブ譜には「いつ」というタイミング(リズム)の情報が含まれると書きました。
タブ譜のリズム

こちらのタブ譜では数字の下にリズム記号が書かれており、

  • 縦線だけのものを「4分音符」
  • 横線がついたものを「8分音符」

と呼びます。

リズムの読み方はピアノなどで使われる通常の楽譜と同じで、4分音符は1拍分の長さを表し8分音符は半拍分の長さを表します

上のタブ譜のリズムだけを言葉で表現すると
「タン タン タ タ タ タ」
となります。
リズムの読みかた

最初のタブ譜を順番に弾いていくと「ドレミファソラ」の音が出るので、このリズムに合わせて弾くと
「ドー レー ミ ファ ソ ラ」
となります。
タブ譜でリズムを読む

リズムの読み方についてはこちらの記事でくわしく解説しています。

タブ譜で使われる記号

ギター特有のテクニックは記号で表されることになります。
ここでは代表的な記号とその弾き方を解説します。

ハンマリング・オン
①最初の音をピッキングし、②次に左手の指を①で弾いたのと同じ弦に叩きつけて音を出す奏法。
ハンマリング
譜例)3弦5フレットを人差し指で押さえてピッキング→薬指を3弦7フレットに叩きつけて音を出す。
プリング・オフ
①最初の音をピッキングし、②押さえていた指を弦に引っ掛けながら離すことで音を出す奏法。
プリングオフ
譜例)3弦7フレットを薬指で押さえてピッキング→薬指を離す時に2弦側に向かって弾きながら離す。薬指を離す前に3弦5フレットは人差し指で押さえておく。
スライド
①左手で押さえた弦をピッキングし、②弦を押さえたまま指を横方向にずらすことで音を変化させる奏法。
スライド
譜例)3弦5フレットを人差し指で押さえてピッキング→音が途切れないように人差し指を3弦7フレットまで横移動させる。
チョーキング
①左手で押さえた弦をピッキングし、②その弦を押し曲げることで音程を変化させる奏法。
チョーキング
譜例)3弦5フレットを薬指で押さえ、弦を押さえたまま薬指を4弦方向に押し曲げて音程を上げる。
ブリッジミュート
ピッキングするときに右手の側面(小指側)を弦に触れさせることで、音の伸びを抑える奏法。
ブリッジミュート
譜例)右手の側面(小指側)を6弦のブリッジ付近に触れさせながら、6弦5フレットを弾く。
ブラッシング
伸びた音が出ないように、左手が弦を押さえず触れているだけの状態にしてピッキングする奏法。

左手の人差し指から小指まで全体が弦に触れた状態(5フレット付近で、弦を押さえてしまわないように)にして、ピッキングをする。

まとめ

タブ譜はひと目で押さえる場所が分かり、とても便利な楽譜です。
読み方はとてもシンプルなので、慣れてしまえばすぐに読めるようになります。

タブ譜がギターで使用される理由は「ギターには同じ高さの音がいろんな場所にある」からです。

6弦の8フレットと5弦の3フレットはどちらも同じ高さの「ド」です。
ピアノでは同じ高さの「ド」は1カ所しかなく、他の場所で出る「ド」はオクターブ違いの「ド」になります。
ピアノと同じ五線譜だけだと、どこのフレットを押さえて良いか分かりづらいのでタブ譜が使われています。

ですが、通常の楽譜ではタブ譜と五線譜が一緒に書かれており、五線譜を目にする機会もタブ譜と同様にあります。
タブ譜と五線譜

五線譜が読めるとコードの意味が理解しやすくなる、メロディーの流れが掴みやすくなるなどなど音楽をより深く理解する手助けになります。
ギターが楽しく弾けるようになり、より深く音楽のことを理解したくなった時は五線譜にもチャレンジしてみてください。

まずはタブ譜やダイアグラムを使って自由に、楽しくギターが弾けるようたくさん練習して憧れのギターライフを満喫しましょう!!

詳細はこちら
ずっと使える基礎練習ブック
【限定】無料プレゼント!!
スマホで見やすい!無料Ebook
ギター初心者から上級者まで、ずっと使える基礎練習106のアイデア
  • 基礎練習が大事だと聞くけど何をすればいいの?
  • 効果的な練習方法を知りたい
  • 楽譜の字が小さくて読みにくい
ギターを始めたあなたにゼッタイに知っておいて欲しい練習フレーズとそのポイントを、252ページにわたり完全解説!!
毎日の基礎練習がずっと楽しくなります!!
ギター初心者から上級者まで、ずっと使える基礎練習106のアイデア ダウンロードはこちら↓↓↓

関連記事一覧