カポタストを使って歌いやすいキーに移調する方法

初心者向け

アコギで弾き語りをするなら必ず購入しておきたいアイテムがカポタスト、略してカポです。
ギターにカポを取り付けると、押さえづらいコードが楽に押さえられるようになったり、曲のキーを自分が歌いやすい高さに変えることも簡単にできてしまいます。

今回はそんな便利アイテム、カポの基本的な使い方から自分の声に合った高さのキーに変更する方法まで解説します。
さらにはカポタストの取り付け位置やキーの変更に便利な早見表もご紹介します。
ギター弾き語りの必須アイテム、カポタスト使いこなしてギターをもっと楽しめるようになりましょう!!

カポタストを使う2大メリット

コードが押さえやすくなる

ギター初心者の鬼門となるFコードは6〜1弦までを人差し指でセーハする必要があります。
Fのセーハがうまくできず、挫折したという話はギター経験者あるあるです。

しかし、カポを使うとこのFコードがいとも簡単に押さえられてしまいます。

Fをカポをつけて押さえると

カポを1フレットに取り付け、Eのコードフォームを押さえるだけであの悪名高きFが弾けてしまいました!!

しかしひとつだけ問題があります。
Fを弾くだけならいいのですが、C- F というコード進行の曲を弾くときに、1フレットにカポを取り付けてしまうと、Fは押さえやすいのですがCが弾けなくなってしまいます。

Cが弾けない

Cを別のフォームで押さえる必要が出てくるので、その曲で使われるコード全体が弾きやすくなっているか見つつ、カポをつけるべきか、つけないべきか、どこにつけるべきか判断する必要があります。

歌いやすいキーに変えられる

女性が男性の歌を歌おうと思ったとき、低い声が出ずうまく歌えないことがあります。
そんなとき、カラオケではリモコンについているボタンで簡単に伴奏の音を高くすることができます。

自分の声に合うように、カラオケの音を高くすることを「キーを上げる」と言います。

カポもカラオケのリモコンのように簡単に「キーを上げる」ことができます。
カポなしで弾いていた曲の場合、カポを1フレットに取り付けてそれまでと同じコードフォームで弾くとキーが半音上がったことになります。

コード進行がC – G の曲があったとします。
CとGの押さえ方

カポを1フレットに取り付け、C – G のコードフォームで同じように弾いた場合、実際に鳴っている音はそれぞれ半音上がっているので、C# – G# というコード進行になります。
C#とG#

カポを任意のフレットに取り付け、それまでと同じコードフォームで弾くだけで簡単にキーを変える(移調する)ことができました。
あとは自分の歌いやすい高さになるように、カポの取り付け位置をずらしていくだけです。

カポタストの取り付け方

カポはフレットのすぐ横に取り付けます。
カポタストの取り付け位置
上の写真は2カポと呼ばれる状態です。
2フレットのすぐ横(ヘッド側)に取り付けます。

フレットから離れたところに取り付けた場合、音がきれいに出なかったり、チューニングが狂ってしまうなどの弊害が出てしまいます。
カポタストの間違った取り付け位置
※フレットとフレットの中間にカポを取り付けると弦が強く押し曲げられてしまい、音がシャープ(高くなる)します。

カポを正しい位置に取り付けてもチューニングは微妙に狂ってしまうものです。
カポタストを取り付けた状態でもう一度チューニングするクセをつけておきましょう。

カポタストの便利な使い方

無料の楽譜サイトを使う場合

アコギで弾き語りをしようと思ったとき、まずは「曲名 + コード」というワードで検索する人が多いと思います。
そこで上位に出てくるのが歌詞とコードが書かれた楽譜サイトです。

「マリーゴールド コード」と検索して最初に出てきたサイト(U-FRETさん)、をのぞいてみるとこのような画面になっています。
U-FRET マリーゴールド

赤枠で囲った部分には(capo 2)と表記されており、これは「カポタストを2フレットに取り付けてくださいね」という意味です。
2フレットにカポを取り付けた状態で、表示されたコードを弾いていくと原曲と同じキーで弾けるようになっています。

ここでひとつ注意してほしいのが、表示されているのは押さえるコードフォームの形であって、実際に鳴っている音ではないということです。

この曲のAメロ4小節の実際のコード進行は
D – A/C# – Bm – A
となっています。

ですが、U-FRETさんでは
C – G/B – Am G
と表記されています。

これは
カポタストを2フレットに取り付けた状態で、[C – G/B – Am G]のコードフォームで弾くと、原曲と同じ[D – A/C# – Bm – A]の音が鳴りますよ」という意味です。

サイトに書かれているコードと実際にギターから出る音は違うということを頭の片隅においておきましょう。
(ひとりで弾き語る場合は特に問題ありませんが、他の楽器と一緒に演奏する場合などは話がかみ合わず混乱を招く原因になります)

キーを上げる場合

先ほどもご紹介しましたが、キーを上げる場合はカポタストをつける位置を1フレット上げるごとに半音ずつ上がるので、自分の歌いやすい高さになるまで上げていきましょう。

しかし、歌いたい曲と自分の声域があまりに離れており、10フレットにカポをつけることになったりするとギターのサウンドや弾きやすさの面で問題が出てきます。
そんなときはコードフォームを変更する、あえてギターのキーを下げ1オクターブ上で歌うという方法もあります。

キーを下げる場合

キーを下げたい場合、カポはどうやって使うのでしょうか?

先ほどのマリーゴールドなら最初から2フレットにカポを取り付けていたので、1フレットに取り付けることで半音下げることができます。
カポを外して弾くと半音×2段階で、原曲から全音下がったことになります。

2段階まではカポの取り付け位置を変えることで簡単にキーを下げられたのですが、3段階下げたい場合はどうすればいいのでしょう?
もうカポはありません。

ここで、カポをずらしてキーを下げる大まかな流れをまとめると。

①カポを取り付けた状態で弾く
  ↓
②カポをずらしてキーを下げる

でした。

分かりやすくするため、ここからは曲を変更してスピッツの「空も飛べるはず」をお題にします。

Voの草野 マサムネさんの声は高く、同じキーでは歌えないという男性も多いと思います。
今回は原曲からキーを2段階(全音)下げて弾くことを目標にしたいと思います。

この曲のAメロ4小節のコード進行はC – Dm – G – Am となっています。
このコードをカポありの状態で弾けるようにしてからカポをずらしていけばいいのです。

カポなしの曲をカポありの状態で弾く?
これを頭の中で瞬時にできるようになるには、コードを度数でとらえるなど音楽理論の知識も必要になってくるので、ここでは簡単な早見表をご紹介します。

カポタスト早見表

この表はキーCのダイアトニックコードをカポを取り付けて弾く時のコードフォームを表しており、それぞれのコードを縦の列で探します。

カポなしで「C」のコードを弾きたければ「C」のフォームで押さえます。
カポを3フレットに取り付けた状態で「C」のコードを弾きたければ「A」のフォームで押さえます。

カポなしで「F」のコードを弾きたければ「F」のフォームで押さえます。
カポを5フレットに取り付けた状態で「F」のコードを弾きたければ「C」のフォームで押さえます。

このように、縦の列のコードはすべて同じ音(コード)が鳴るようになっています。
(押さえ方は違いますが、カポタストをつけているため同じコードが鳴るということです)

あとは元のコード進行とカポをつけた時の押さえ方が対応するよう、紙に書き出していけばOKです。

「空も飛べるはず」のコード進行
C – Dm – G – Am
をカポを5フレットに取り付けた状態で弾く場合、
G – Am – D – Em
のフォームで押さえて弾いていけば良いということがわかります。

カポなしの曲をカポありの状態で弾けるようになったら、あとはカポタストを2フレット分ずらすだけで原曲キーから2段階(全音)下げて弾くことができました。

今回ご紹介した早見表はキーCだけでしたが、12キーすべてを網羅した早見表をこの記事の後半に貼り付けておきます。
(PDFのダウンロードも可能です)

キーを変更するための裏技テクニック

一覧表を使ってコードを書き出していくことでキーとコードの関係が把握できてくるので、慣れれば頭の中だけでキーを変更することも可能です。
慣れないうちは大変だと思いますが、ぜひチャレンジしてみてください。

また時間ができたらチャレンジしてみるから今はサクッと簡単にキーを変更する方法を知りたい!
という方には裏技テクニックをご紹介します。
またもやU-FRETさんを使わせていただきます。
ほんとに便利なサイトです。
(いつもお世話になっております、ありがとうございます)

「空も飛べるはず」のキーを原曲から2段階(全音)下げてみましょう。
空も飛べるはず
UFRET 空も飛べるはず

±0(原曲キー)となっている部分をクリックすると

U-FRET カポ選択画面
このようなメニューが出てくるので、何フレットにカポを取り付けるか選択します。

今回はキーを2段階下げたいので、2フレットにカポをつけた状態で弾けるようにしてから、カポを取り外せば2段階下げたことになりますね。

「Capo2」を選択してコードを見てみましょう。

Aメロ4小節のコードはA# – Cm – F – Gm となりました。
4つともセーハコードで、とても押さえづらそうです。。。
これは良くありません、別の方法を探してみましょう。

では「Capo3」にしてみましょう。
A – Bm – E – F#m となりました。
さっきよりはマシですが、セーハコードが2つ出てきます。

今度は「Capo5」を試してみましょう。
G – Am – D – Em となりました。
オープンコードばかりでとても押さえやすそうです!!

カポを5フレットに取り付けG – Am – D – Em のコードフォームで弾くと、原曲と同じキーで簡単に弾けることが分かりました。

あとはカポを2フレット分ずらして3フレットに取り付け、G – Am – D – Em のコードフォームで弾くと、原曲キーから2段階(全音)下がったキーになるというわけです。

マリーゴールドでも3段階キーを下げたい場合、「Capo5」の状態でコードを表示し、カポを3フレット分下げて2フレットに取り付けることで、原曲キーから3段階下がった高さで弾くことができます。

U-FRETさんの便利機能を使った裏技、ぜひ覚えておいてください。
※U-FRETさんでは1ヶ月580円の有料会員になればキーを変更する機能も使えるようになるようです。

キー別カポタスト早見表


キーごとに使いやすいカポの位置と、カポの取り付け位置によって変わるコードフォームを一覧にしたものです。

早見表のダウンロードはこちら

キー カポ位置 Ⅱm Ⅲm Ⅶdim
F カポなし F Gm Am B♭ C Dm Edim
capo1 E F#m G#m A B C#m D#dim
capo3 D Em F#m G A Bm C#dim
capo5 C Dm Em F G Am Bdim
E カポなし E F#m G#m A B C#m D#dim
capo2 D Em F#m G A Bm C#dim
capo4 C Dm Em F G Am Bdim
E♭ カポなし E♭ Fm Gm A♭ B♭ Cm Ddim
capo1 D Em F#m G A Bm C#dim
capo3 C Dm Em F G Am Bdim
D カポなし D Em F#m G A Bm C#dim
capo2 C Dm Em F G Am Bdim
capo5 A Bm C#m D E F#m G#dim
D♭ カポなし D♭ E♭m Fm G♭ A♭ B♭m Cdim
capo1 C Dm Em F G Am Bdim
capo4 A Bm C#m D E F#m G#dim
C カポなし C Dm Em F G Am Bdim
capo3 A Bm C#m D E F#m G#dim
capo5 G Am Bm C D Em F#dim
B カポなし B C#m D#m E F# G#m A#dim
capo2 A Bm C#m D E F#m G#dim
capo4 G Am Bm C D Em F#dim
B♭ カポなし B♭ Cm Dm E♭ F Gm Adim
capo1 A Bm C#m D E F#m G#dim
capo3 G Am Bm C D Em F#dim
A カポなし A Bm C#m D E F#m G#dim
capo2 G Am Bm C D Em F#dim
A♭ カポなし A♭ B♭m Cm D♭ E♭ Fm Gdim
capo1 G Am Bm C D Em F#dim
capo4 E F#m G#m A B C#m D#dim
G カポなし G Am Bm C D Em F#dim
capo3 E F#m G#m A B C#m D#dim
capo5 D Em F#m G A Bm C#dim
G♭ カポなし G♭ A♭m B♭m B D♭ E♭m Fdim
capo2 E F#m G#m A B C#m D#dim
capo4 D Em F#m G A Bm C#dim

カポなしで弾いている曲をカポありで弾くための早見表の見方は

  1. 曲のキーを探す
  2. カポを何フレットに取り付けるかを決める
  3. 弾きたいコードを「カポなし」の列から探し、決めた「capo」の列まで下がる

このようにしてひとつずつコードフォームを確認していきます。

また、この早見表を使えばキーを上げ下げすることも簡単にできてしまいます。
キーEの曲を全音(2段階)下げたい場合、

  1. 元の曲(キーE)から2段階下の列(キーD)を探す
  2. 押さえやすそうなカポの取り付け位置を探す
  3. 元のキーのコードと同じ列のコードを書き出す

こうすることで、キーを変更するとどんなコードになるか、カポはどこに付ければいいのかということが簡単に分かります。

まとめ

弾き語りをするならゼッタイに持っておきたいアイテム、カポタストについて解説してきました。

  • 押さえやすいコードで弾き語れる
  • 自分の声にあったキーに簡単に移調できる

という大きなメリットがありました。

また、今回ご紹介した以外にも

  • ギター2本で演奏する場合にサウンドの広がりをつける
  • カポなしでは弾けない斬新なフレーズが弾ける

など様々な用途で使われています。

そんな魅力たっぷりなカポタストを使いこなして、楽しい弾き語りライフをお過ごしください。

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像
【自宅】でプロの講師から
レッスンが受けられます!
詳細はこちら
ずっと使える基礎練習ブック
【限定】無料プレゼント!!
スマホで見やすい!電子書籍とPDFで登場!
ギター初心者から上級者まで、ずっと使える基礎練習106のアイデア
  • 基礎練習が大事だと聞くけど何をすればいいの?
  • 効果的な練習方法を知りたい
  • 楽譜の字が小さくて読みにくい
ギターを始めたあなたにゼッタイに知っておいて欲しい練習フレーズとそのポイントを、252ページにわたり完全解説!!
毎日の基礎練習がずっと楽しくなります!!
ギター初心者から上級者まで、ずっと使える基礎練習106のアイデア ダウンロードはこちら↓↓↓

関連記事一覧