Fコードをきれいに鳴らす5つのステップ

初心者向け

25年ほど前、筆者がギターをはじめた時に親戚のおじさんが「俺も昔ギター弾いてたんやけど、Fが押さえられんで辞めてしもたわ〜!ガハハ!」と言っていました。

今も昔も変わらずにギター初心者のゆく手を拒む最大の関門が「Fコード」です。
そんなFコードが原因でギターを挫折する人が1人でも減るように、筆者が20年近くギター講師を続けてきた中で見つけ出した、Fをきれいに鳴らすためのコツを包み隠さずお伝えしていきます。

押さえるポジション

Fの基本的な押さえ方をチェックしましょう。

F

人差し指を寝かせて6〜1弦の1フレットをさえて、5〜4弦は別々の指で押さえます。

複数の弦を1本の指で押さえる奏法を「セーハ」や「バレー」と呼び、Fコードのような押さえ方をするコードを「セーハコード」や「バレーコード」と呼びます。

人差し指の使い方

ここからは細かな押さえ方のコツを見ていきます。
ギターを持って、一緒にチェックしながら読み進めてください。

側面を使う

人差し指の真ん中ではなく、側面(親指側)で弦を押さえます。

人差し指の側面で

また、人差し指は完全にまっすぐ伸びていないといけないわけではありません。
写真のように関節が少し曲がっていても、人差し指の側面で押さえていればしっかりと音を鳴らすことができます。

人差し指が曲がっていてもよい

上下の位置

指には第一関節と第二関節があり、そのおかげで指には凸凹があります。

指には凸凹がある

凹の部分では弦が押さえづらく、指の長さや形、凸凹具合も人それぞれ違うので、指を少しずつ上下に動かし自分の指に合った押さえやすいポジションを探していきましょう。

人差し指を上下にずらしてみる

フレットのすぐ横を押さえる

弦を押さえるときの基本ですが、できるだけフレットの近くを押さえるようにしましょう。

フレットのすぐ横を押さえましょう

指がナット側にいくほどきれいな音が鳴りづらくなってしまいます。

親指の使い方

弦を直接押さえる人差し指にばかり注目されがちですが、ネックを裏から支える親指の使い方も大切なポイントです。

ネックの真ん中を押さえる

親指はネックの中央部分を押さえるようにします。

親指はネックの真ん中を押さえる

親指の位置が下すぎると力が逃げてしまい、ネックをはさみ込む力が人差し指にうまく伝わりません。

人差し指と中指の中間に

親指は、人差し指やその他の指が弦を押さえ込むための支えとなります。
セーハコードの場合、いちばん力が必要な人差し指の真裏〜中指との中間あたりに親指を持ってきてあげると、力を無駄なく人差し指に伝えることができます。

人差し指と中指の間に親指を置く

指先を上に向ける

親指の先端が上を向くようにしましょう。

親指の先端が上を向くように

親指が外側を向いていると力が分散してしまい、弦をうまく押さえることができません。

第一関節で押さえる

親指のどこでネックを支えるかも大切なポイントです。
第一関節の少し上でネックをはさみ込むことで、親指の力を無駄なくネックに伝えることができます。

親指の第一関節の少し上でネックをはさむ

また、親指の側面(人差し指側)でネックを支えるイメージを持つと、手首に負担をかけることなく自然なフォームになってきます。

人差し指以外の使い方

Fでいちばん難しいのはセーハした人差し指の扱いですが、人差し指に集中するあまり5〜3弦の音が出ないというケースもあるので中指、薬指、人差し指の使い方もチェックしておきましょう。

指を立てる

人差し指は寝かせますが、他の指は寝かせずに立てます。

指は立てる

それぞれの指が弦を真上から押さえるように意識してください。
特に中指と小指が寝ていると、隣の弦に触れて音が出なくなるので注意しましょう。

指の先端で押さえる

指を立てていても、指と弦が当たるポイントがずれていれば力が上手く伝わらなかったり、隣の弦に触れてしまったりします。

指の先端で弦を押さえる

指の先端で弦を押さえますが、指の肉部分ではなく、指の骨で押さえるようなイメージを持つとベストなポジションで押さえることができます。

腕全体の使い方

ここまでは細かな指の使い方をみてきましたが、最後は腕全体の使い方をみていきましょう。
ここまでの細かな指づかいを見直して音が出るようになっていれば、腕の使い方を覚えるともっと楽に音が出せるようになるでしょう。

手の甲を手前に引く

手の甲が前に出ていると握る力が逃げてしまい、特に1、2弦が上手く鳴らないので、手の甲を手前に引いて力が指全体に伝わりやすいようにします。

手の甲を引く

脇を締めて肘を引く

脇が開いていると手に力が入りづらくなるので、腕全体に無駄な力が入ってしまいます。
脇を締めて肘を身体の方向に軽く引き寄せることで、手に力を入れやすくなり最小限の力でFコードが押さえられます。

脇を締める

ネックは軽く斜め前に

脇を締めることに注意するあまり、ギターのネックまで引き寄せられているケースもあります。
ギターのネックは自分の身体に対して斜め前を向くフォームが基本です。

ネックは斜め前に押し出す

基本のフォームを崩さず、肘や手首に負担のない自然な構え方を目指しましょう。

まとめ

Fコードは確かに難しいコードで、こんなに気を付けるポイントがあるのか?!と驚かれたかもしれませんが、慣れてくれば意識せずに押さえることができます。

  1. Fコードのポジション
  2. 人差し指の使い方
  3. 親指の位置
  4. 人差し指以外の使い方
  5. 腕全体の使い方

これらのステップはFコードだけでなく、セーハコード全般に共通する押さえ方のコツなので、音が上手く出ない場合この5つのポイントをひとつずつ見てどこに原因があるのか確かめましょう。

ひとつのポイントを改善して音が出たと思っても、しばらくするとまた音が出なくなったなんてこともあります。
そんな時は、知らず知らずのうちに別のポイントがずれてしまっていると考えられるので、もう一度ひとつずつ見直していきましょう。

ギターに不慣れな初心者の方が、いきなりFコードを押さえるのはとてもハードルの高い行為ですが、今押さえられなくてもギターを弾き続けて、指を使うことに慣れてきたら必ず弾けるようになります。
もし今弾けなくても、他の練習をしていれば1週間後に弾けるようになるかもしれません。
諦めず続けることがいちばんの近道だということを忘れず、じっくりとトライしていきましょう!!

【自宅】でプロの講師から
レッスンが受けられます!
詳細はこちら
ずっと使える基礎練習ブック
【限定】無料プレゼント!!
スマホで見やすい!電子書籍とPDFで登場!
ギター初心者から上級者まで、ずっと使える基礎練習106のアイデア
  • 基礎練習が大事だと聞くけど何をすればいいの?
  • 効果的な練習方法を知りたい
  • 楽譜の字が小さくて読みにくい
ギターを始めたあなたにゼッタイに知っておいて欲しい練習フレーズとそのポイントを、252ページにわたり完全解説!!
毎日の基礎練習がずっと楽しくなります!!
ギター初心者から上級者まで、ずっと使える基礎練習106のアイデア ダウンロードはこちら↓↓↓

関連記事一覧