9800円の初心者用ギターって実際どうなの?

ギタリスト機材レビュー

ギター講師の仕事をしているとこれからギターを始める方から、ギター購入の相談を受ける事が多々あります。
答える時は

  • ストラトやレスポールなど、形や色ははとりあえず自分のかっこいいと思うものにしましょう。又は好きなアーティストが使っているものにしましょう
  • 値段は余裕があれば5万円以上のものにしましょう

と、答えていました。

しかし、ネットで見ても楽器屋さんに行っても1万円から2万円くらいの初心者セットがゴロゴロと売られていて、結構売れているようです。今までは「安かろう悪かろう」のイメージでそういったギターはダメだと言っていたのですが、よく考えたらそれらのギターを弾いた事はほとんどありません。(ほとんどの皆さんがそうだと思います)

勝手なイメージで決めつけるのは良くない事だと思い、実際に楽器店に協力してもらいお手頃価格のギターを弾き倒してきました。

9,800円

まず9,800円から10,000円台前半のギターコーナーに向かいました。驚きの価格です。。。
こんな値段で販売できる事自体がありえません。

初心者コーナーに展示されているギターですが、遠目に見ただけでは安っぽさはありません。この中から今回試奏させていただくギターを選ばなくてはいけないのですが、低価格のギターにはネックの仕上げ処理がきちっと出来ていないという特徴があります。最も分かりやすい部分はフレットの端のギザギザ感で、ネックのサイド部分に手を当てて滑らせると簡単にわかります。ツルツルした物とギザギザした物があります。
数本確認してみると、きれいに処理されているものと雑なものがありましたが、全体的な感想は「この値段の割にはいい仕事してますね~」でした。

その中から最も状態の良さそうな一本を選びさっそく試奏。ブランドは聞いたことのない名前でしたが、低価格商品専門のブランドだそうです。ギターとしての最低限のクオリティは確保されており、ピックアップセレクターやボリューム、トーンノブの効きも問題ありません。ネックの状態もちょうど良い弦高を確保しており、弾きやすさも問題ありませんでした。
難点はネックの塗装がほとんどされていない事と、ネック材の弱さ。時間が経てばネックの反りが出てきやすそうな印象を受けました。

肝心の音なのですが、とにかく音が暴れているといった印象でした。ギターの音と言うより木の板の音と言ったイメージ。

22,800円

次に試したギターは大手メーカーの低価格ブランド。
ネック材などはそれなりのものが使われているようで、しっかりとしたイメージです。フレットの端の処理は少し雑さがあります。

音はこれまた木の板な印象。確かに9,800円のギターとは違う音なのですが、決して音が良いと言う訳ではなく「違う」というだけでした。

45,000円

次に試したのは店員さんオススメの国内メーカーの低価格モデル。
丁寧な作りがされており、持った感じではなんの違和感もありませんでした。

音も「ギター」の音がしており、いい感じです。

79,800円

有名ブランドのギターです。
ここまでくると材質や作りはしっかりしているので、問題は音ですね。

このメーカーのこの価格帯のギター特有の音がしています。使用されている木材の影響なのでしょうが、これだけ特徴が出ることにまずは驚きです。
しかし、その特徴的な部分は決して良いとは言えないのが残念。中音域が硬すぎて扱いづらく、バンドアンサンブルで馴染みにくい雰囲気がしていました。

結論

今回の一番の収穫は9,800円のギターのコストパフォーマンスの高さを実感できたことでした。楽器店で実物を触って状態の良い物を試奏できたことも大きかったのですが、今まで持っていたマイナスのイメージを払拭してくれました。
また、10,000~40,000円のギターであれば音はほとんど変わらないと言うこと。(違いはあれど、良い悪いといった違いではないという意味)

次に初めてギターを買う人から相談を受けた場合は

  • ストラトやレスポールなど、形や色ははとりあえず自分のかっこいいと思うものにしましょう。又は好きなアーティストが使っているものにしましょう
  • 値段は余裕があれば4万円以上のものにしましょう

と伝えることにします。

どうしてもお金がないという方には9,800円のギターでも良いが、状態に当たり外れがあるというリスクとネックの反りなどが発生しやす事を事前に分かってもらい、あくまでも入門用ギターなので必ず買い換える必要が出てくると伝えます。

入門用の低価格ギターには賛否両論ありますが、ギターを始めてみたいと思った人に手軽にチャレンジできる環境を届けているという意味ではとても意義があると思います。

注意してほしいのは、「CDみたいないい音が出ない」と思っても当然のことです。そういった感想を持つようになったということは、それだけ自分の腕や耳が上達したということ。入門用ギターを卒業して本物のギターに買い換える時期が来たのです。

free_lesson_form

関連記事一覧