40代~50代の大人がギターにチャレンジするときに知っておいてほしい3つの心得

上達するために知っておいてほしいこと&練習

ギターは手軽に始められる趣味として人気があり、40代~50代になってから一生の趣味として始める人や、学生時代に弾いていたが仕事が落ち着いてきたため再チャレンジするという人が多い楽器です。

今回はそんな40代~50代でギターに初チャレンジ、再チャレンジする方が無理なく楽しんで続けられるようにするための3つの心得をご紹介します。

大人がギターを始める

1.環境を整える

ギターを練習する環境はとても大事です。

環境とは
・実際にギターを練習する部屋や機材の環境
・周囲の人からの理解
の2つを含みます。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

実際にギターを練習する部屋の環境としては、座ったらすぐにギターを弾くことができ、メトロノームや音源など練習に必要なツールがすぐに使える状態が理想的です。

座ったらすぐにギターを弾くことができる

仕事や家庭で忙しい毎日を過ごす40代~50代の方々にとって、練習する時間はとても限られています。
練習しようとする時にギターをケースから出しチューニングして、アンプとギターとエフェクターをシールドでつないで電源を入れてといった準備に時間がかかっていたら、限られた時間があっという間に無くなってしまいます。
そのため、ギターはスタンドに立てかけておき、シールドは毎回収納せずにアンプにぶら下げておくようにしておけばよいでしょう。
こんな感じで
アンプにシールドを引っ掛けておく

参考までにいろいろなシステムの変遷を経て落ち着いた筆者の自宅環境をご紹介します。

使う機材
ギター
ギタースタンド
マルチエフェクター(BOSSのGT-1)
アンプ(PowerAmp in(return端子)があるタイプ)
シールド×2本
椅子

普段練習する部屋に専用の椅子がありその左手(椅子から立ち上がらずに取れる位置)にギタースタンドを置いています。
このギタースタンドは4本のギターをまとめて立てかけられるタイプなので、ギターの交換も思いのままです。
そして右手にはアンプとマルチエフェクターがシールドでつながれた状態で定位置に置かれています。

・ギターを弾こうと思ったらまずは椅子に座りギターを持つ
・座ったままアンプにひっかけてあるシールドをギターのジャックに挿す
・マルチエフェクターのインプットジャックにシールドを挿す
(多くのマルチエフェクターはインプットジャックにシールドが挿さると電源が入る仕組みになっています、またこのシールドはマルチエフェクターから抜いたらその場に置いておけるようにすると次のスタートがとても楽になります)
・アンプの電源を入れる(アンプのPowerAmp in(return端子)にマルチエフェクターと繋がっているシールドを挿したままにしています)

という4ステップでギターを弾き始めることができます。
時間にしてものの5秒程度です。
(アンプのPowerAmp in(return端子)に接続する理由としては、マルチエフェクターで作った音がギターアンプのプリアンプによって再加工されないようにするためです。こうすることで、マルチエフェクターで作った音が素直にギターアンプから出てきます。)

筆者の環境ではマルチエフェクターにより様々な音色が出せ、とても便利なのですがギターアンプ直挿しでも問題ありません。
ギターにシールドを挿してアンプの電源を入れるまで5秒で済む環境が理想的です。
最低限の操作で最高の音が出るようにしておくとすぐに練習が始められるため、貴重な時間を目いっぱい練習に充てることができるのです。

周囲の人の理解

ギターを練習すると

・大きい音を出す(うるさい、テレビの音が聞こえない)
・同じフレーズを繰り返す(弾いている本人は楽しいが、聞かされる方はうんざりする)
・部屋にこもる(これは歓迎される場合もあるかも?)

といった負担を家族にかけることが必ずあります。
気持ちよくギターを弾かせてもらうためにも、家事を手伝ったり、ご家族の話を聞いたり、感謝の気持ちを伝えるなどの配慮を忘れないようにしましょう。

ギターを練習したらうんざりした顔をされるようでは、練習に集中することができません。
自分がギターを弾いていて楽しいこと、リフレッシュになること、それが日々の活力になることを言葉や表情で伝えるようにしておくと、ご家族も理解してくれるのではないでしょうか。

メトロノームや音源など練習に必要なツールがすぐに使える

最近ではとても便利な練習ツールがスマホアプリやPCソフトとしてたくさん存在します。
音源をゆっくりと再生したりABループができるオーディオプレイヤーや多機能なメトロノーム、手軽に録音ができるレコーダー。

これらのツールがあるとギターの練習効率が一気に飛躍します。
おすすめの練習ツールをご紹介します。

・音源の再生
聞々ハヤえもん
windows版は古くからある定番中の定番ソフトです。
iPone、andoroidアプリもリリースされており、つい最近にはmac版もベータ版ながらリリースされています。

このソフトにはギター練習に欠かせない、再生速度の変更(スロー再生ができる)、ABループ(曲中の2点間を自動的に繰り返す、1フレーズを集中的に練習したい時などに役立ちます)などの機能が簡単に使えるようになっています。
使い方もシンプルなので、ギターの練習に集中できます。

・メトロノーム
ガジェットとしてのメトロノームは1000円程度のシンプルな機能のものから5000円程度の高機能なものもあります。

PCやスマホで使える無料アプリもたくさんありますが、もっともお手軽なのはgoogleの検索エンジンで「メトロノーム」と検索してみてください。
検索結果としてメトロノームが表示され利用できます。

メトロノームアプリは数多く存在するのですが、筆者がよく利用するものはmetrotimer というアプリです。
シンプルなメトロノームにタイマー機能がついており、基礎練習をする時に役立ちます。

・録音機能

ギターの練習をするうえで、自分の演奏を録音して客観的に聞くということはとても重要になってきます。
客観的に聞かなければなかなか良い点や課題を見つけることができず、上達のスピードが下がってしまいます。

ある程度練習したら録音して聞きなおすということを繰り返す為に、手軽に録音できるものが必要です。
DAWにオーディオインターフェイスからギターを入力して録音するような高音質を目指す必要はありません、スマホに標準でインストールされている録音アプリで十分です。
マイクもスマホ内臓のマイクで問題ありません、最近のスマホは十分に高機能なので外付けのマイクをつける必要もありません。

スマホやPCで音源やメトロノームを再生することが多くなりますが、一つだけ欠点があるとすれば音量です。
ギター練習にはスマホやPCの内臓スピーカーでは少し役不足です。
そこで、3000円〜5000円程度で売られているbluetoothスピーカーをおすすめします。

このスピーカーはAUX端子とBluetooth接続に対応している為、PCはAUXに接続しスマホはBluetoothといった使い分けが可能です。
その為、Bluetoothのペアリングを切り替える作業も不要で便利に使えます。

2.焦点を絞る

プロのギタリストになりたいのであれば、様々なジャンルに対応でき、音楽理論にも精通し、譜面もスラスラと読めどんなオーダーにも対応できる技術と知識の深さが必要になってきますが、趣味としてギターを弾くならば習得しなくても良い技術や知識はいくらでもあります。

ギターをセオリー通り勉強するならば、運指練習などの基礎練習に多くの時間を割く必要があります。
また、スケールやコードを覚え使いこなせるようになるトレーニングも必要になります。

しかし、Deep PurpleのSmoke On The Waterを弾きたいのであれば、KeyがGマイナーで、GマイナーペンタやCマイナーペンタを意識してソロが作られているといったことを最初から意識する必要はありません。
Gマイナーのコードフォームを覚えることもGマイナーペンタ、Gマイナースケールを覚えることも必要なくて、TAB譜の読み方やチョーキングの方法を覚えていけば良いのです。

教則本によってはスケールを覚えて、ローコードを覚えて、セーハコードを覚えてといった汎用的な内容のものもあります。
それを真に受けて練習しているうちに楽しくなくなり、辞めてしまうほどもったいないことはありません。
自分が楽しくギターが弾けるようになる為に必要なものだけを練習すれば良いのです。

問題は、自分が弾きたいものに必要な練習がどれなのか初心者には判断できないということです。

Smoke On The Waterを弾きたいのであれば曲を練習することと、ソロを弾くための基本的な運指練習やチョーキング、ビブラート、オルタネイトピッキング、ピックストップなどのテクニックの習得やトレーニングも必要でしょう。

ブルースセッションに参加できるようになりたいのであればブルース曲をコピーしてフレーズを覚えることや、ペンタトニックススケール、3コードのトランスなども最低マスターする必要があります。

そこでおすすめなのはメンターを見つけることです。
手軽なのはギター教室で個人レッスンを受けることで、経験豊富なギター講師が最適な道筋を示してくれることでしょう。

ある曲を練習していて飽きてきたり、難しすぎたりしてモチベーションが下がってしまうこともありますが、そんな時は思い切って別の曲に切り替えることも必要です。

趣味のギターであれば楽しむことが最優先です。

3.目標の設定

目標を持つことはギターに限らず仕事においても、人生においても大切なことです。
しかし目標を持つといっても、具体的で実現可能性のある目標を見つけることは時には難しかったりもします。
その点、ギターの目標は「〇〇という曲を弾けるようになる」「アドリブができるようになる」「ライブをする」といった具合に比較的に設定しやすくなっています。
「好きな曲を弾けるようになる」このような具体的な目標がギターを練習するうえで欠かせないものになってきます。

ギターが弾けるようになって、次のステップを目指すとしたら昔はバンドを組んでライブをするという方法が一般的でした。
バンドで演奏すると個人練習では味わえない音の厚みや一体感、達成感が得られるためぜひトライしてほしいと思いますが、忙しい40代〜50代の方にとってバンドを組んでスタジオ練習してといった時間を確保することが難しく、ハードルが高くなってしまうのも事実です。
しかし、練習した成果を何らかの形として残したり、発表したりすることも最近では手軽になってきました。

最も手軽な方法が練習の成果を録音して残すということです。
DAWと呼ばれるPCソフトが安価で充実しているため、高音質で手軽に録音できる環境は簡単に手に入ります。
PCでギターの音を録音する為には、ギターの音をPCが読み取れる形式に変換するオーディオインターフェイスと呼ばれる機材が必要になりますが、10000円程度で購入できます。
最近のオーディオインターフェイスは購入すると無料でDAWが付属していることが多いので、購入する際は付属ソフトウェアにも注目してみてください。

PCソフトだと操作方法を覚えられるか不安というかたにはスマホのアプリもおすすめです。
iPhoneやiPadではGarageBandというアップル社製のアプリが無料で利用できます。
ios用のオーディオインターフェイスを購入すれば手軽にスマホで録音ができてしまいます。

録音して自分が聞くだけだと物足りないという方はSNSでシェアするという方法もあります。
SNSでシェアする場合、聞く側の立場からすると音源だけでは面白くありません。
動画としてアップした方がより多くの人にみてもらえると思います。

facebookやinstagramで知人に対してシェアしてみたり、youtubeに匿名でアップすることも可能です。
練習した成果を誰かに聞いてもらうという目標があれば、より完成度を高めようというモチベーションアップにも繋がり、結果としてギターの上達にも繋がってきます。

最後に

充実した人生を過ごす為には趣味を持つことが大切だと言われています。
ギターはマイペースで続けることができ、何歳になっても弾き続けられる楽器なの一生の趣味としては最適だと思います。

ギターを弾いてみたいという方は迷わずその一歩を踏み出してください。
その一歩が楽しいギター人生の始まりとなるでしょう。

free_lesson_form

関連記事一覧